犬・猫のための健康ペットコラム │ ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

カテゴリ: 健康

 

ワンちゃんも貧血になる?症状や予防について知ろう

  普段の生活で、愛犬が「なんとなく元気がない」「ふらついている」なんてことはありませんか? もしかしたら、その原因は貧血によるものかもしれません。 ワンちゃんが貧血というのはあまり聞きなじみのない方も多いかもしれませんが、私たち人と同じように、ワンちゃん貧血を起こすことがあるんです。 今回は、犬が貧血を起こす原因と、その予防方法についてご紹介します。   貧血の原因とは   血液中には赤血球が存在し、赤血球中のヘモグロビンが体の細胞、臓器などに酸素を運ぶ働きがあります。赤血球が減少すると、体に酸素が行き届かなくなり、貧血状態になります。 貧血状態になり、体を正常に機能させることができなくなると、元気がなくなり、体を動かすことも嫌がるようになります。 ワンちゃんの貧血は、さまざまな病気が原因となって起きている可能性があるので、ただの貧血と安易に考えず、適切な対処方法をとりましょう。 原因としては、「赤血球が消費され過ぎている場合」と「赤血球の生産ができていない場合」の大きく2つに分かれます。   ■赤血球が消費され過ぎている場合 出血をともなう事故や、玉ねぎ中毒による赤血球の溶血、寄生虫感染や自己免疫疾患、腫瘍などにより、体内の赤血球がたくさん消費されている。   ■赤血球の生産に異常がある場合 赤血球を作るホルモンの減少や、白血病などの骨髄の異常、鉄分不足による赤血球の生産ができない。   貧血を改善するためにはまず原因を突き止めなければいけません。 血液を作る機能に問題がないのであれば、鉄分や赤血球を作るホルモン剤を処方することもありますが、あまりにも貧血が進んでいる場合や赤血球を作る過程に異常がある場合は、輸血や輸液、酸素吸入などの処置が必要になることもあります。   貧血の症状   貧血はできるだけ早い段階で発見し、治療を行うことが大切です。…

  • 健康
  • 犬のコラム
 

運動不足がもたらすワンちゃんへの影響とは

   お散歩やドッグラン、おもちゃ遊びなど、ワンちゃんにとっての運動はさまざま。 お天気や気温によって、外出ができない時期などは、ワンちゃんの運動不足が心配になる飼い主さんも多いのではないでしょうか? 今回は運動不足が引き起こす影響と、運動不足解消のための工夫を探っていきましょう!   運動不足の影響って?   ■ストレスが溜まる ワンちゃんは体を動かすことが好きな子が多いので、運動不足によりストレスを感じやすいと言われています。 また、運動することでエネルギーを消費しストレスを発散するため、運動不足になってしまうと、ますますストレスをためこんでしまいます。 ストレスがたまると、次のような症状がみられます。 ・攻撃的になり物を壊すなどの問題行動 ・トイレの失敗 ・食欲や元気がなくなる など   ワンちゃんの様子がいつもと違うと感じたら、運動不足をはじめとした原因を考えてみましょう!   ■体を舐める・噛む ワンちゃんは運動不足になると、足先やしっぽ、背中など、自分の体を必要以上に舐めたり、噛んでしまうことがあります。 また、自分の体毛をむしってしまうことにより、部分的な脱毛状態となってしまうことも。 これらが原因となり、皮膚炎になってしまうこともあるので、ひどくなる前にとめてあげましょう。   ■筋肉量の減少 人間でも運動しなければ筋肉量が落ちるように、ワンちゃんも運動不足により筋肉量が減少します。 筋肉量が減少すると、体を動かしづらくなるだけでなく、関節や骨などにも負担がかかることも。…

  • 健康
  • 犬のコラム
 

犬があくびをする意外な理由とは

ワンちゃんと暮らしていると、様々な場面であくびする姿を目にすることがありますよね。 私たち人間は眠い時にあくびするものですが、実はワンちゃんのあくびには、様々な意味が込められているんです。 愛犬の行動から発せられるサインを読み取り、愛犬の気持ちを少しでも理解していくためにも、今回はワンちゃんのあくびの意味についてご紹介します。 あくびに込められた意味   ワンちゃんのあくびには、次のような意味があるとされています。 あくびの意味 ①眠い ②自分や相手の興奮している気持ちを落ち着かせたい ③ストレスを感じている ④緊張している ⑤人の真似をしている ⑥病気のサイン など   あくびには様々な感情やサインが込められています。 ワンちゃんにとってマイナスな感情をあらわすものでもあるので、私たち飼い主がしっかりと察知してあげられるようにしたいところ。 では、これらのあくびの意味について、詳しくみていきましょう。   眠い   人間と同様にワンちゃんも、「眠い」「疲れた」と感じた時にあくびをします。これは、あくびをすることで酸素を取り入れ、低下している脳働きを活性化するためです。 愛犬が睡眠を取ろうしている時にあくびをした場合は、「眠い」のサインと考え、愛犬が心地よく睡眠が取れるように静かな環境をつくってあげられるようにしましょう。   興奮している気持ちを落ち着かせたい  …

  • 健康
  • 犬のコラム
 

愛犬に合った運動を!ワンちゃん専用のフィットネスクラブとは?

  毎日の散歩や休日のお出かけ、ドッグラン等、愛犬が運動不足にならないよう、意欲的に運動をさせている飼い主さんは多いでしょう。 しかし、雨や雪が降っていたり、寒い日や暑い日には、ワンちゃんだけではなく飼い主さんも外出を億劫に感じてしまうことも…。   そんな日は、お家の中で遊ぼうと思っても、スペースが十分に確保できなかったり、遊びが単調になり愛犬が飽きてしまったりすることで、十分な運動ができないこともありますよね。 そんな時にとっても便利な屋内で楽しく運動できる、ワンちゃん専用のフィットネスクラブがあるのをご存じですか? 今回は、ワンちゃん専用のフィットネスクラブについて詳しくご紹介します!   ワンちゃん専用フィットネスクラブとは   ワンちゃん専用フィットネスクラブとは、運動不足による健康上の問題や病気のリスクを解消することを目的とした運動施設です。 プロのインストラクターが、獣医さんとは別の視点でワンちゃんの体を見きわめ、愛犬に合ったフィットネスを教えてくれます。   大型犬や狩猟犬、牧畜犬として活躍していた犬種の場合、散歩だけでは必要な運動量を満たすことができないことも。 また、愛犬に必要な運動量に飼い主さんがついていけないこともあるでしょう。 そんなワンちゃんや飼い主さんにとって、ワンちゃん専用のフィットネスクラブは重要な施設となります。   利用の流れ   初めてフィットネスクラブに行く際には「どんな流れで進行するのか分からなくて不安」という飼い主さんもいるでしょう。 そこで、ワンちゃん専用のフィットネスクラブでの一般的な利用の流れをご紹介します。   1.カウンセリング 初めに、愛犬の性格や年齢、普段の運動量、健康状態、食欲の有無などをヒアリング。 ヒアリングした内容から、インストラクターが適切な運動プログラムを組み立ててくれます。…

  • 健康
  • 犬のコラム
 

ワンちゃんも花粉に要注意!?【花粉対策コラム】

寒い日々の中にも、ポツポツと暖かい日が増えてきて、やっと長かった冬の終わりが見えてきた気がします(^_^) 春になったら、お花見にハイキングなど、ワンちゃんと一緒にやりたいことがたくさん♪ でも!!春がくるのが本ッ当に憂うつ・・・と思っている方も多いですよね!? そうです! 今ではなんと日本国民の70%ほどが苦しんでいるとも言われる、国民病【花粉症】です(T_T) 鼻水・くしゃみが1日中とまらず、目もかゆいからお化粧もできないし、頭もなんだかボンヤリして仕事もはかどらない、どこをとっても最悪です!!!   そんな花粉症……じつは、ワンちゃんにもあることご存知でしたか?   犬の花粉症、人間とは原因が違う? 犬も花粉症にかかることがあります。 ただ、人のように“くしゃみ・鼻水”や“目のかゆみ”などの症状は表れにくいとも言われています。   人の場合は、鼻や目などの粘膜にある細胞と花粉がくっつくことで“ヒスタミン”という成分が炎症を引き起こし、それが鼻水やかゆみの原因となります。   しかし犬の場合は・・・、 ・もともと色んな匂いを嗅いだりする性質から、物質に対して過剰反応しない機能が備わっている ・粘膜のヒスタミンを発生させる細胞が人間より少ない 等の理由から、人間と同じような症状が出ることは少ないと言われているそうです。   犬の花粉症ってどんなもの? では“くしゃみ”や“鼻水”という症状が出にくい犬の花粉症とは、どういったものなのでしょうか。 個体差もあるそうですが、犬の多くは皮膚のかゆみや発疹、外耳炎など、花粉をアレルゲンとした「アレルギー性皮膚疾患」という形で花粉症状が現れます。 いつも痒がったり・アレルギー症状のない子が、この時期だけ体をよく掻くようになった・毛が抜けてしまったなどの症状が見られるなら、花粉症を疑ってもいいかもしれません。  …

  • 健康
  • 犬のコラム
 

狂犬病の予防注射は年に1回、打ちましょう! ~強化月間キャンペーン実施中!~

新年度がはじまり、カチカチの制服やリクルートスーツに身を包んだ初々しい新入生や新入社員を見かける機会が増えるこの時期。 愛犬のワクチンや健康診断のお知らせハガキが、机のうえで埋もれてしまっていませんか? なかでも忘れてはならないのが、『狂犬病予防注射のご案内』! こんなハガキがお手元に届いてはいませんか? 週末に行こうと思ってついつい忘れてしまっていたなんて方も多いと思います。 そこでブッチでは、人とわんちゃんが安心して生活できる社会をめざし、狂犬病予防注射の強化月間にあわせて、啓蒙キャンペーンを実施! 気になる方は、この記事を最後まで読んで、ぜひ詳細をチェックしてみてください! 狂犬病予防注射は飼い主の義務! 狂犬病は、犬だけでなく人にも感染します。 さらに、人も犬も発症したらほぼ死に至るこわい病気なんです。 そのため、わんちゃんと暮らしている飼い主さんには、1年に1回、狂犬病予防注射の受診を行う義務が『狂犬病予防法』という法律によって定められています。 わんちゃんを飼う以上、狂犬病の予防注射は必ずしなければいけない!というところまでは知っている飼い主さんは多いですが、 「法律で決まっているなんて知らなかった」 「一度受けたら大丈夫だと思っていた」 というお声を耳にすることも。 知らないことで法律を違反しかねないなんてことになっては大変です! とくに最近の日本では狂犬病の発症者がほとんどでなくなったこともあってか、少しずつですが接種率が下がってしまっているんです。 ※厚生労働省ホームページより一部抜粋 ※1 登録頭数:狂犬病予防法第4条第2項の規定により、年度末現在において、原簿に登録されている頭数 ※2 予防注射頭数:狂犬病予防法第5条第2項の規定により、市町村長が、年度中に交付した予防注射済票の数 ※3 注射率:予防注射頭数を登録頭数で割った場合の割合 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/01.html…

  • 健康
  • 犬のコラム

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る