犬・猫のための健康ペットコラム『PECOLA』│ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

新着コラム

 

犬の体感温度は+10℃?夏のお散歩ではここに注意

  ワンちゃんにとってお散歩は、1日の中でも楽しみな時間のひとつであり、健康維持においてもとても大切なもの。 そんな毎日のルーティンであるお散歩でも、夏場はワンちゃんの命に関わる危険が伴うことがあるんです。 私たち飼い主は注意点を把握し、危険を回避してあげなくてはいけません。 今回は、ワンちゃんの夏のお散歩について注意点をご紹介します。   真夏の体感温度は40℃以上   人にとっても夏の暑い日の外出はとても体力を奪われ、熱中症の危険性を伴うもの。 ですが、ワンちゃんは私たち以上に高い熱中症の発症リスクを抱えているんです。 直射日光で熱せられたアスファルトは、真夏には55~60℃になるとも言われ、地面に近ければ近いほど、体感温度は高くなります。 そのため、気温が30℃の時でも、地面からわずか数十㎝の高さで歩くワンちゃんたちの体感温度は気温40℃を超えると考えられています。   また、靴を履いて歩く私たちと違い、素足で歩くワンちゃんにとって55℃~60℃ほどに熱せられたアスファルトは焼けた鉄板の上を歩くようなもの… 肉球の火傷の心配だけではなく、アスファルトの温度が肉球を伝いワンちゃんの体温を上昇させることで、更に熱中症リスクが高まってしまいます。 飼い主さんが「これぐらいの暑さなら大丈夫かな」と感じても、必ずアスファルトに手で触れて確認するようにしましょう。   草や土の道路の場合は、アスファルトより-10℃ほど低いといわれていますが、それでも地面に近い場所で呼吸をするワンちゃんたちにとってはとても暑く感じるでしょう。 そのため、気温25℃以上の炎天下ではお散歩は避ける方が安全です。   夏のお散歩は夜より早朝   湿度の高い日本の夏は、大気中に水分を多く含むため、日が落ちても体感温度はあまり下がりません。 熱帯夜のような蒸し暑い夜が多いのはこの湿度の高さのためです。  …

  • お出かけ
  • 犬のコラム
 

ワンちゃんネコちゃんの食事を守る!ペットフード安全法について知ろう

  愛犬・愛猫には、安全で体によいフードを食べて欲しいと多くの飼い主さんが考えているでしょう。 しかし、日本では2009年に「ペットフード安全法」が制定されるまで、ペットフードにおける安全基準は設けられていなかったのです。 ペットを大切な家族として一緒に暮らしている私たちからすると、とても驚くべき事実ですね。 では、ペットフード安全法ではどのような規制を設け、ペットの食の安全を守っているのかをご紹介します。   制定されるきっかけとなった悲しい事件   2007年、世界においてドッグフードを原因とした、大規模なペットの健康被害が起こりました。 カナダやアメリカでペットフードを製造している複数の会社が、メラミンやシアヌル酸といった有害物質が混入した原材料を海外から輸入し、それに気づかず製造・販売されてしまったのです。 米食品医薬品局(FDA)によれば、メラミンなどの摂取により約5,600頭ものワンちゃんに腎不全や胃腸疾患、下痢、嘔吐といった症状が確認されました。 悲しいことにそのうち、1,000頭以上が命を落としたとも言われています。   対象のペットフードは日本でも販売されていましたが、販売業者が迅速に自主回収を行ったことで、国内での被害を防ぐことができました。 しかし法律での規制がなかった当時、もし販売業者が自主的な回収を行わなければ、国には商品の回収・廃棄を強制する権限がなかったのです。   この問題を発端に、海外ではペットフードの安全性について議論がなされるようになり、その波紋は日本へも広がりをみせました。 そして2009年、農林水産省と環境省は国内で流通するペットフードの安全を守ることを目的とし「ペットフード安全法」が制定されました。   法律の対象となるペットフード   ペットフード安全法は、名前のとおりペットフードの安全を確保することを目的とした法律ですが、残念ながらすべてのペットが対象ではありません。 現在ペットフード安全法の対象となるのは、愛玩動物として飼われている犬猫が食べるもののみなのです。 また、犬猫に関する食品すべてがその対象となっているわけではありません。 主に対象・対象外となる食品は次のとおりです。…

  • ごはん / フード
  • 犬のコラム
 

愛犬とキャンピングカーでくるま旅が人気!調査結果を発表【ニュース】

  本格的な夏を前に、ペットとのお出かけを計画している飼い主さんは多いのではないでしょうか。 ペットと一緒の旅行なら、移動手段は車が安心ですよね。   最近では車内で宿泊できるキャンピングカーが大人気! 「キャンピングカーでの旅行には憧れるけど、実際のところどうなの?」 なんて疑問を持っている方もいるはず。 そこで今回は、キャンピングカーを所有しているユーザー、またはキャンピングカーに興味を持っている人を対象に行われた「ペットと楽しむキャンピングカーライフ」のアンケート調査(2020年2〜3月)の結果についてご紹介します。   ペットとのキャンピングカー旅行が人気   キャンピングカーユーザー、またはキャンピングカーに興味を持っている人の中で、ペットを飼っている人はなんと全体の7割以上にのぼります。 さらに、その中で飼っているペットの種類の割合は、犬が85.5%。 アウトドア雑誌などでも特集されているように、愛犬とのキャンプなどを楽しむ人が増えているようです。   ペットを飼っている人に「キャンピングカーを所有していると、ペットとのくるま旅は快適になると思いますか」と質問したところ、なんと92.8%の人が「はい」と回答。 外出や旅行の移動手段は、電車や新幹線、飛行機などさまざまありますが、周囲の人々の目を比較的気にせず移動時間をペットと楽しめ、ある一定のスペースが保てるキャンピングカーは、飼い主さんやペットにとって快適な旅を過ごすためのツールなのかもしれません。 また、ペットと出かけるメリットをアンケートしたところ、「ひとりでの外出も愛犬が一緒だと寂しくない」、「外出先や旅先で同じ犬種の飼い主さんに出会うと話が盛り上がる」などの回答がありました。 ペットと一緒の旅は、人それぞれの魅力が盛りだくさんのようです。   ペットとくるま旅をどう楽しむ?   「ペットをキャンプに連れて行きますか」の問いに対しては「いつも連れて行く」と回答した人は82.7%でした。 ペットと一緒に自然を満喫したいという気持ちや、ペットは家族の一員であるという認識が関係していると考えられます。 「ペットとくるま旅をするとき、何をしたいたいですか?」という問いに対しては、「観光」の回答が最も多く、続いて「キャンプ」、「温泉旅行」、「ドッグランで遊ぶ」などの回答がありました。…

  • ニュース
 

ワンちゃんも貧血になる?症状や予防について知ろう

  普段の生活で、愛犬が「なんとなく元気がない」「ふらついている」なんてことはありませんか? もしかしたら、その原因は貧血によるものかもしれません。 ワンちゃんが貧血というのはあまり聞きなじみのない方も多いかもしれませんが、私たち人と同じように、ワンちゃん貧血を起こすことがあるんです。 今回は、犬が貧血を起こす原因と、その予防方法についてご紹介します。   貧血の原因とは   血液中には赤血球が存在し、赤血球中のヘモグロビンが体の細胞、臓器などに酸素を運ぶ働きがあります。赤血球が減少すると、体に酸素が行き届かなくなり、貧血状態になります。 貧血状態になり、体を正常に機能させることができなくなると、元気がなくなり、体を動かすことも嫌がるようになります。 ワンちゃんの貧血は、さまざまな病気が原因となって起きている可能性があるので、ただの貧血と安易に考えず、適切な対処方法をとりましょう。 原因としては、「赤血球が消費され過ぎている場合」と「赤血球の生産ができていない場合」の大きく2つに分かれます。   ■赤血球が消費され過ぎている場合 出血をともなう事故や、玉ねぎ中毒による赤血球の溶血、寄生虫感染や自己免疫疾患、腫瘍などにより、体内の赤血球がたくさん消費されている。   ■赤血球の生産に異常がある場合 赤血球を作るホルモンの減少や、白血病などの骨髄の異常、鉄分不足による赤血球の生産ができない。   貧血を改善するためにはまず原因を突き止めなければいけません。 血液を作る機能に問題がないのであれば、鉄分や赤血球を作るホルモン剤を処方することもありますが、あまりにも貧血が進んでいる場合や赤血球を作る過程に異常がある場合は、輸血や輸液、酸素吸入などの処置が必要になることもあります。   貧血の症状   貧血はできるだけ早い段階で発見し、治療を行うことが大切です。…

  • 健康
  • 犬のコラム
 

ペットの力でストレス軽減!動画を見るだけでも効果あり?【ニュース】

  在宅ワークが働き方のひとつとして定着しつつある今、ペットと場所を共有して仕事する方も多くなってきました。 また、一部ではペットと同伴できる職場も登場してきていますね。 実は、愛犬と一緒に仕事をすることが、私たちの精神面だけでなく生産性にまで良い影響があるのではないかという研究がすすめられています。 では、ペットが私たちの仕事へどう影響するのでしょうか。   ペットと一緒に仕事をするとストレスが軽減しやすい よく「ペットは癒し」なんて言葉を耳にしますが、実際にペットと過ごすことがストレスの軽減につながるということは、これまでにも科学的に証明されてきました。 また、ストレスに関する調査では、ストレス度が低い方が生産性が上がるということが分かっています。 このことから、ペットと一緒に働く職場では、生産性の向上が期待されます。 ですが、犬や猫は環境や生活習慣の変化にストレスを感じてしまうもの。 その点、在宅ワークならペットも私たちもストレスを最小限に効率的な働きができるのかもしれませんね。   ペットの動画視聴もおすすめ 在宅ワークならストレスを軽減し、生産性の向上が見込めるとはいえ、日本ではまだまだ出社をしての勤務形態が主ですよね。 ですが、私たちはペットと離れていても、もしくは飼っていなくても、彼らの力を借りてストレスを軽減することができるんです。 それが「ペットの動画を見る」こと。 海外で行われた「猫の動画を見るとネットの利用者はどのような精神状態になるか」という調査によると、その多くの被験者において、幸福感と活動力が一気に高まるという結果が得られました。 休憩時間に気分転換をしながらペットの動画を見ることで、仕事の能率アップが期待できるかもしれません。   まとめ 犬と一緒に仕事をすることと仕事の生産性との直接的な影響については、まだ調査中の段階ですが、今後の研究の成果に期待したいですね。 ペットには直接触れ合わなくても、私たちを癒してくれる力があるんですね。 もちろん、SNSや動画サイトでお気に入りの子の動画を見ても、愛犬・愛猫を撮った動画を見返すのも、どちらも効果を期待できるので、ぜひ、休憩時間に試してみてくださいね!  …

  • ニュース
 

愛犬はどれが好み?お肉の種類と特徴をご紹介

  ワンちゃんが大好きなものといえば、お肉! 日々のごはんやオヤツとして食べさせている方も多いのではないでしょうか? 最近ではワンちゃん向けにも、様々な種類のお肉が販売されていますよね。 でも、選択肢が多いからこそ悩んでしまいます。 「愛犬にはどんなお肉をあげたらいいの?」 「お肉の種類によって栄養・効果が異なるの?」 そんなお悩みを持つ飼い主さんの疑問にお答えすべく、ワンちゃんに与えたいお肉の種類や特徴についてご紹介していきます。   ワンちゃんに与えられるお肉の種類は?   ワンちゃんに食べさせても問題のないお肉は次のとおりです。 ・鶏肉 ・豚肉 ・牛肉 ・羊肉 ・馬肉 など   お肉は加熱処理が必要なものがほとんど。 愛犬にお肉を与えるときは新鮮なものを選び、調理方法をしっかり確認してからにしましょう。 では、各お肉の種類ごとにその特徴と注意点をご紹介していきます。   ■鶏肉   鶏肉は他のお肉に比べ、低カロリー・低脂肪・高タンパク。…

  • ごはん / フード
  • 犬のコラム

おすすめコラム

 

ドロドロ血液にご注意!~○○で血液サラサラに!?~

最近では、ペットの健康に対する意識が高まってきていますね。 定期的にペットに健康診断を受けさせているという家庭は、全体の42%※1にものぼるという調査結果も出ているようです!   ブッチスタッフも愛犬・愛猫に血液検査やレントゲン、エコーなどの健康診断を受けさせているのですが、そんな時にふとした疑問が・・・ ペットの血液にも「ドロドロな状態」「サラサラな状態」があるのでしょうか?   ペット血液にも人間と同じように、サラサラ・ドロドロのような状態があり、もちろんドロドロ血液よりもサラサラ血液がよいのだそうです。   そしてなんとブッチには、ペットの血液サラサラをサポートする食材がたくさん使われているんです!! 今回は、ペットの血液がドロドロになる原因とサラサラをサポートする食材についてご紹介します。   ドロドロ血液が引き起こす症状 まず、私たち人間と同じで、犬・猫の体中に流れている血液は、酸素や栄養素を全身に運ぶという大切な役割を担っています。 しかし、血液がドロドロになってしまうと、血液の流れが滞ってしまい冷えやホルモンバランスの乱れなどを引き起こしてしまうのです。 分りやすい症状として、以下があげられます。 ・目の充血、目の周りが黒くなる ・手や足や腰、下半身が冷え、震えがみられる ・血管が太く膨れ上がる ・むくんだり、シコリができる ・歯ぐきが暗紫色になる ・突然舌に斑点やシミの様なものが現れる など   愛犬・愛猫に元気がないと感じたら、こういった症状がないかチェックしてみましょう。   血液がドロドロになる原因…

  • ごはん / フード
 

ブッチ大解剖!ブッチはどんな食材でできてるの?

いつも愛犬が口にしている『ブッチ』。 おいしそうに食べているけど、 「これだけで栄養は十分なの?」 「原材料にはどんな効果があるの?」 そんな疑問を持ったことはありませんか? 愛犬のごはんは、飼い主さんにとって一番気になるものですよね! 実はブッチへのお問い合わせも成分や原材料についてのことが多いんです。   そこで!今回は改めてブッチを大解剖! あの食材には、こんな効果があったんだ!と思えるような再発見があるかもしれません♪   まずは、ブッチの各レーベルに含まれる、11種の主な原材料について、一覧表でご紹介します! 原材料 ブラック ホワイト ブルー 動物性タンパク質 チキン ○ ○ ○ ビーフ ○    …

  • ごはん / フード
  • 犬のコラム
  • 猫のコラム
 

はじめてのブッチ<ドッグフード>を完全攻略 ~14日間でブッチと一緒に健康になろう!~

このページでは、はじめてブッチをお買い上げの方に、ブッチの魅力をしっかり実感いただくためのオススメの与え方をガイドさせていただきます! 通常、いつものフードから新しいフードへの切り替えは1週間ぐらいをかけて行うことが多いですが、ブッチではワンちゃんへのストレス軽減を第一に、2週間(14日間)での切り替えをオススメしています。 というのも、一般的なドライフードの水分含有量が10%程度なのに対して、ブッチは生肉に限りなく近い70%の水分量を誇ります。 今までドライフードだけを食べていたワンちゃんが、急にブッチに全切り替えしてしまうと、身体がブッチの水分量になれずにお腹がビックリしてしまうこともΣ(゚∀゚ノ)ノ 愛犬にあったペースでブッチを使い始めることで、愛犬との食生活はより豊かなものになっていきます。 ワンちゃんの様子や体の変化をチェックしながら、あなたの愛犬にあった食事習慣を見つけることもできるはずです(^^)/ さあ、ブッチと愛犬の相性を確かめる「2週間」のはじまりです! 💡POINT 食事によってどれだけワンちゃんの身体に嬉しい変化が出るのかを確認するためにも、最終日にはぜひ全量をブッチにしたごはんを試してみてください♪   トライアルセットのおさらい 14日間チャレンジの前に、簡単に<ドッグフード・ブッチ>の特徴をおさらいしましょう! ブッチのトライアルセットは、ブッチの人気レーベル3種類がすべて試せる大変お得なセット。 どのレーベルも卒乳したパピーからシニアまでのオールステージ対応の総合栄養食です。   ブラック・レーベル ビーフとラムの赤身肉を主体に、チキンも加えたブッチのベストセラー。 このレーベルは赤身肉が多いので風味が豊かで、ブッチをはじめて試すワンちゃんの食欲を刺激するにはピッタリ! ▶ ブラック・レーベルをもっと詳しく知りたい方はこちら!   ホワイト・レーベル チキンと野菜類を中心に、赤身肉を一切含まないので、毛色が薄く“涙やけ・よだれやけ”が気になるワンちゃんにも◎ 入っている野菜類はブラック・レーベルとほぼ変わりないので、ブラックの次はホワイトがオススメ! ▶…

  • 犬のコラム
 

ブッチ供与量 計算フォーム

はじめに 食事の必要量(カロリー)は、年齢や運動量、またそのワンちゃん自身の体質によって異なります。 同じ量のご飯を食べても太りやすい人や太りにくい人がいるように、ワンちゃんにも1日に必要なカロリー量に個体差があるためです。 目安だけに頼らず、散歩等の運動量や体調などをよく観察して、食事の量を調節してあげてください。   また、愛犬と積極的にふれあうことで、体型に変化がでていないか確認してみましょう。 健康状態の維持を助けるだけではなく、愛犬との仲も深めることができます。   自分の愛犬の体型が痩せているか太っているかの確認方法については、ページ下部の「愛犬の体型をチェック!」をご参考ください。   ブッチのみを食事として与える場合の供与量 ブッチのみを食事として与える場合は、下記の供与量ガイドラインをご参考ください。 [PDF] ブッチ供与量ガイドライン ガイドラインはあくまで目安の数値です。 ご愛犬の年齢/健康状態/運動量/体質など、様子をみながら調整してください。   カロリーを基準にトッピングする際の供与量 下記のフォームに必要なデータを入力するだけで、ブッチをトッピングする際の供与量が算出できます。 お手元にブッチと一緒に与えるフードをご用意して、入力をお願いいたします。   また、下記フォームより算出される供与量はあくまで目安となります。 各フードメーカーによって定められている供与量・カロリー摂取目安や、愛犬の健康状態や体質を参考に、適宜ご調整ください。   計算フォーム…

  • 犬のコラム
 

【スタッフコラム】寒い日でも美味しく!HOTブッチで冬を乗り切る

みなさん、愛犬愛猫との「ブッチライフ」満喫していますか? 最近、食欲のないあの子にも、ブッチを食べて幸せな気持ちになってほしい。 じゃあ、どうしたら食べっぷりがイマイチなあの子に、しっかり食べてもらえるかな? そんなお悩みを抱いているそこのみなさま! ペット栄養管理士のブッチスタッフ窪田(くぼた)が疑問にお答えします!   冬のブッチは『冷ややっこ』? 昨年の冬は、関東や北陸での記録的な大雪に加え、日本に限らず世界的にも猛烈な寒波が大きな話題となり、とにかく〝寒い冬!〟でしたね。 今年は暖冬と言われていますが、着実に「朝のひんやり感」が辛くなってきている気がします……。 そうなると、やっぱりスープやお鍋・グツグツのグラタン等、とにかく温か~いものが食べたくなりますよね。   ▲ペットにもオススメのかぼちゃはビタミンAがたっぷりで、ビタミンの吸収を高める脂質の入ったお肉との相性も◎(種は除いてくださいね!)   ですがそこで、ふと気が付いてしまったのです・・・。 私たちが扱っているブッチは冷蔵庫で保存するごはんなので、人間に例えたら、真冬に冷製スープや冷ややっこを食べている・・・犬や猫たちにとっても、そんな感覚になっているのではないか?と。   ▲冬の豆腐は温かい湯豆腐なんかがいいですよね、犬も猫も気持ちは同じです。   食べ物を温める大切さ もしそうだとしたら、せっかくのブッチのおいしさも半減! いや半減以上に「こんなに冷たいもの、食べたくないな・・・」なんて犬猫たちは思っているのではないかと! そこでいても立ってもいられず、犬や猫が好む食べ物の温度を調べてみました。 すると、やはり犬や猫たちは『寒い季節』は冷たい食べ物より、体温と同じくらいの温度の食べ物を好むらしいのです!   ▲犬の平均体温は37~39℃、猫の平均体温は38~39℃です。…

  • ごはん / フード

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る