犬・猫のための健康ペットコラム『PECOLA』│ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

新着コラム

 

冬の大掃除 第4回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 後編〜

年末年始の大掃除、全4回の大掃除コラムも今回がラスト! 家族みんなで気持ち良く新年を迎えるために……あともう少しだけ、頑張りましょう(^_^)/   お家のおそうじ編(第1回/第2回)・愛犬ボディケア前編(第3回)については、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~愛犬のボディケア対策 前編~   伸びすぎ注意!快適なお散歩にも重要な爪きり ココがポイント! 犬の爪には白い爪、茶色の爪、黒い爪があります。 毛色によって分かれることが多く、毛色が明るい犬は白く、毛色が濃い犬は黒い爪の場合が多いようです。 黒い爪の子だと、爪の中の血管が見えづらく出血させてしまうこともあるので、少しずつカットしていきましょう!   爪きりのタイミングを知る 犬の爪きりは、1ヵ月に1回程度でOK。 ただ、外に出てたくさん散歩する子と、室内飼いでほとんど外出しない子では、日常生活での爪のすり減り方も変わってきます。 地面やフローリングを歩くときに“カチャカチャ”と音が鳴るようなったら、カットするようにしましょう。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第3回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 前編〜

年末の大敵といえば!大掃除……ですね。 テレビから掃除用洗剤のCM等が流れ始めると「あぁ~今年も来たか~・・」とドヨ~ンとしてしまう方も多いのではないでしょうか? ペットと住むお家には、毛やよだれの汚れなど、ペットのいないお宅とは違ったおそうじが必要な分、すこし厄介ですよね。 お家のおそうじについては、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~   そんな困難を乗り越え、大掃除をもう完了させた皆さま! 年末のお休みに入ってから一気に片づけようとしている皆さま!! トリミングやシャンプーなどの≪愛犬の大掃除≫は、どうされるご予定ですか?(T_T)? 親戚の集まりや、パーティーなど人が来ることが多い年始に合わせて、年末はトリミングサロンの予約が争奪戦になることがよくあります(・・;) いつものサロンは予約が取れなかった~ 年末もバタバタしていて、サロンに連れて行く暇がない! 年末の費用がかさんで、サロンなんて…… などなど、お困りではありませんか?   そこで今回は、お家がまるでトリミングサロン!? 愛犬もキレイなカラダで年を越すために!お家でできるサロン級のお手入れ方法をご紹介いたします♪   まずは「シャンプー」で汚れた体をスッキリ! ココがポイント!…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第2回 〜ニオイ対策編〜

ご好評いただいた「冬の大掃除 ~抜け毛編~」コラムに引き続き、冬の大掃除シリーズ第2弾!今回は「ニオイ対策編」のお掃除術をご紹介します。 年始のご挨拶で「臭いかも……」とお客様に思われないように、気になるワンちゃん・ネコちゃんのニオイともサヨナラしちゃいましょう!   ニオイ対策のお掃除は、抜け毛対策以上にしっかりとお家の汚れを落とす必要があります。 そのため、人間の不快感を取り除くだけなく、愛犬・愛猫の健康を守ることにもつながるのです。   家族みんなで、気持ちよく新年を迎えられるようにあともうちょっとだけ頑張りましょう!   ニオイの主な原因は床にあり!? ワンちゃんやネコちゃんのニオイの元は、皮脂や排泄物。 皮脂なんて床につくの?と思われる方も多いかもしれませんが、体は毛で覆われていても、古くなった皮ふがフケとして剥がれ落ちてしまいます。 さらに、肉球は人間と同様に皮脂と汗が混じった脂肪膜で覆われているので、床やカーペットにこびりつき、独特のニオイの原因に……。 前回の記事でご紹介したお掃除が終わったら、床まわりもしっかり攻略していきましょう! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛編~   フローリングの場合 かたく絞った雑巾でしっかり水拭きしましょう。 とくに汚れやニオイが気になる箇所は、重曹を溶かした水を雑巾に含ませてから、念入りに拭き掃除を。 ◎水250mlに対して重曹小さじ1杯目安 重曹を使って拭いた箇所が白浮きして気になるときは、クエン酸を溶かした水を雑巾に含ませてから軽く拭くとピカピカになりますよ! ◎水200mlに対してクエン酸小さじ1杯目安 同じ要領で拭き掃除するだけで、ペット用トイレやケージも徹底してキレイにしちゃいましょう。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第1回 〜抜け毛対策編〜

12月も半ばに差しかかり、そろそろ2018年も終わりに近づいてきましたね! 去年の今頃も大掃除していたのかと思うと、時の流れが早く感じられます……。   ところで、換毛期にたっぷり抜け落ちた愛犬や愛猫の抜け毛、みなさんはスッキリお掃除できていますか? サッシの溝や、滑り止め用マットに絡まった抜け毛……毎日のお掃除では、なかなか対処しきれないですよね。   そこで今回は、1年分の溜まった汚れを今年のうちにキレイするためのお掃除術をご紹介♪ 愛犬・愛猫と一緒に、気持ちよく新年を迎えましょう! 抜け毛とサヨナラ!オススメのお掃除方法 年末の大掃除といっても、特別な道具を用意する必要はありません。 どのご家庭にもあるいつものグッズと、ちょっとした工夫でOK!   マスクで健康を守る まずは人間の準備から。マスクを装着して、ホコリを吸い込まないようにしましょう。   いつも掃除しない箇所には、愛犬の皮膚のカケラや細かい毛など、様々な汚れが隠れています。 ホコリと一緒に吸い込んでしまうと鼻水やくしゃみにとどまらず、体調を崩したり、動物アレルギーになってしまうことも! 愛犬・愛猫と楽しく過ごすために、しっかり準備を整えましょう。   ブラッシングで愛犬・愛猫もお掃除の準備を お掃除の前に、まずは愛犬・愛猫のブラッシングから行います。 ダブルコートの被毛の子は、ブラッシングのたびにあたり一面、毛だらけになってしまいます。 お掃除前にブラッシングして、できるだけ抜け毛を減らしておきましょう。   もし掃除を開始してしまっていたら、ベランダでのブラッシングがオススメです。抜け毛の後始末がサッと終わりますよ!…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

愛犬と楽しく冬を乗り切ろう!冬のブッチタイプ別診断

愛犬と過ごす冬は、とっても楽しいものですよね。 雪遊びや、普通のお散歩も、キレイなイルミネーションの中を歩くだけでなんだかワクワク♪ ただ、犬にとっては夏の厳しい暑さと同じくらい冬は過酷な季節でもあるんです……。   寒さが厳しいと、体が冷え、体内の血の巡りが鈍化。 すると免疫力が落ち、様々な病気や風邪など不調を起こす原因にも……(;_;) そうならない為に!! タイプ別♪ブッチと冬を楽しく乗り切る方法をご紹介\(^o^)/ ぜひ、ご愛犬がどのタイプになるのか診断してみて下さいね!   やってみよう!冬のタイプ別ブッチ診断 Q1 愛犬の被毛は? ダブルコート シングルコート ◎ダブルコートの子は、寒さに強い! 換毛期には抜け毛がごっそりでるダブルコートのわんちゃんは、じつは寒さに強いのです。 …………………………………………………… 柴犬、ポメラニアン、コーギー、シベリアン・ハスキー、ゴールデン・レトリバーなど   ◎シングルコートの子はお手入れかんたん!抜け毛しらず!? ダブルの子と比べて毛の長さは長くなりがちですが、シングルコートのわんちゃんは寒さにちょっと弱め……>< …………………………………………………… プードル、シーズー、マルチーズ、グレーハウンド、ヨークシャーテリアなど Q2…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の健康
  • 犬の雑学
 

ブッチ・ジャパン – キャンペーン情報

ブッチ・ジャパンが開催中のキャンペーン情報をお知らせするページです。 過去のキャンペーン情報もこちらにまとめています。 参加者のみなさまのたのしい投稿など、ぜひ、お時間がある時にお楽しみください。 最新のキャンペーン #ごきげんワンごはん ル・クルーゼ×ブッチコラボキャンペーン ブッチはこの度、新たな試みをはじめました! その名も #ごきげんワンごはん ペットだってエサじゃなくて“ごはん”を楽しみたい ペットだから、エサをあげる……ではなく、 「家族だから、団らんの中で美味しいごはんをたべさせてあげたい」 そんな考え方やライフスタイルを、提案する活動です。 日頃ブッチでは、ペットフード商品の販売を通して、みなさまのペットライフへの貢献を目指しています。 そういった視点からは少し角度を変えたところから、ペットのライフスタイルを応援するために立ち上げた「#ごきげんワンごはん」。 普及活動の第一歩として、世界的なキッチンウェアブランド『ル・クルーゼ』様にご協力いただき、豪華賞品が当たるInstagram投稿キャンペーンを実施しました。 みなさまのごきげんな食卓の投稿を多数いただき、大好評のキャンペーンとなりました。 #ごきげんワンごはん 特設ページ https://gokigen-wan-gohan.com/ #ごきげんワンごはん 公式Instagram https://www.instagram.com/gokigen.wan.gohan/ キャンペーン期間:2018年10月1日(月)~ 10月31日(水)…

  • ブッチ - キャンペーン情報

おすすめコラム

 

猫は肉食動物って本当?

百獣の王ライオンに代表されるように、ネコ科の動物は肉食性が強いといわれています。 ですがわたしたちの身近にいる猫は、炭水化物が多く含まれているキャットフードを主食としていたり、時たま草を好んで食べていたりと雑食傾向があるようにもみえます。 はたして猫は肉食動物といえるのでしょうか?   猫はベジタリアンになれない 人間はもちろん、猫に比べて雑食性の高い犬などは、推奨はできないものの、肉なしの生活でも生きていくことが可能といわれています。 ところが猫は、生きていくために必要不可欠な栄養素が、肉類に多く含有されています。 その中でもとくに重要な栄養素が、必須アミノ酸「アルギニン」と「タウリン」です。 猫はアルギニンが不足すると尿毒症をおこし、そのまま放っておけば最悪の場合、命を落とすことになります。また、タウリンが不足すると、網膜や心臓などの重要な臓器に大きなダメージを引き起こしてしまいます。 これらの必須アミノ酸は体内で生成することができないため、必ず食事の中で摂らなければなりません。 そのため、野菜や穀類、果物だけの食生活では、猫は生きていくことができないのです。   猫が草を食べるのはどうして? 生きていくうえで、肉などの動物性タンパク質が欠かせない猫。 腸の長さを見ても、体長の4倍程度と、雑食の人間に比べてはるかに腸の長さが短く、植物等を消化・吸収するのに適していないことがわかります。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 とはいえ、草を食べている猫を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 猫が好む草は、燕麦(エンバク)というイネ科の植物で、猫草として燕麦を売っているペットショップも多いです。 じつは、猫がどうして草を食べるのかは、まだ解明されていません。 有力な説としては、下記のものがあります。 毛づくろいして飲み込んだ毛玉を吐くため ビタミン・葉酸不足を補うため 嗜好品として好んで食べている 毛玉については、ただ吐くために近くにあるものを選んでいるだけともいわれています。 ビタミンや葉酸についても、猫の栄養素を考えた食事を与えていれば不足することはありません。…

  • キャットフード
  • ペット
  • 猫の雑学
 

犬って肉食?それとも雑食?

犬は、人間とともに生活を送りはじめた最も古い動物とも言われ、現在でも家族の一員として、または仕事仲間として、人間にとってかけがえのない存在となっています。 そんな犬の祖先といわれるオオカミは、狩りをして獲物を捕らえる肉食獣。そのため、「犬は肉食である」という話を耳にすることも多いですよね。 ですが現在の犬の主食といえば、小麦や穀類が混ざった「ドッグフード」。はたして犬は肉食か雑食、どちらなのでしょうか?   犬の「歯」はどんな形? 犬の歯の特徴といえば、肉を切り裂くための特殊な構造をしている巨大な奥歯「裂肉歯(れつにくし)」です。 犬の祖先といわれるオオカミをはじめとした肉食動物にも同じものがあり、この歯がなくなると野生の肉食動物たちは生きていくことができません。 オオカミの頭蓋骨。基本的な構造は犬とさほど変わらない。 犬種によって多少の差があるものの、基本的に犬は、切歯・犬歯・臼歯すべてあわせて42本の歯を持っています。どの歯も尖った構造で、肉を裂くことは得意でも、穀類や植物をすり潰すのは苦手です。 ドッグフードが主食である現代の犬の歯も、肉食のための特徴を色濃く残しているのです。   犬の腸は長い?短い? さて、歯の次は犬の消化器官について考えてみましょう。 草食と肉食、さらには雑食の動物たちの消化器官を比較してみると、「腸の長さ」に大きな違いがあるのはご存知でしょうか? 腸は、口や胃で分解した栄養を消化・吸収するため器官です。 植物を消化吸収するのには、時間がかかるため、腸の長さは草食・雑食動物のほうが肉食の動物より長くなっています。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 犬もほかの肉食動物と同様に、草食動物と比べると腸は短いですが、オオカミの腸が体長の約4倍であるのに対し、犬は5~7倍と少し長い傾向にあります。 犬と人間の共生は2万年の歴史があるともいわれており、人間から与えられた穀物などを食べる機会も多かったので、現代の犬の腸はオオカミより少し長くなっているのです。 食生活の変化があったとはいえ、人間の腸の長さは体長※の12倍! オオカミに比べて雑食性の特徴はみられるものの、人間と同じレベルの雑食性を有するまでには至っていません。 ※ほかの動物と同様に、四つん這いになった姿勢の口から肛門までの長さをもとに試算。 消化器官についていえば、「雑食性のある肉食」という言い方が一番しっくりきますね。   犬の食事はどうするのがベスト?…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の雑学

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る