犬・猫のための健康ペットコラム『PECOLA』│ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

新着コラム

 

長期お休み直前!ペットホテル活用法をご紹介♪

今年のゴールデンウィークは、なんとなんとの10連休ですね! ブッチスタッフはとくにな~んにも予定がないのですが……(T_T)   ここまで長期のお休みとなると、普段はいけない海外旅行に行ったり、お休みを満喫したいですよね! でも海外旅行にペットを連れていくことはできないし、国内でもペット可のお宿はやっぱり少なめ……。 そんな時にぜひ参考にしていただきたいペットホテル活用法をご紹介します(^^) どこなら安心?ペットホテルの選び方 海外やペットを連れていけないお宿への旅行となると、犬好きの知り合いや犬を預かってくれる親戚がいないかぎり、多くの方がペットホテルを利用すると思います。 「でもペットホテルは甘えん坊の愛犬がストレスをためこまないか不安……」という方も多いと思います。 そこで、私たち飼い主も安心して預けられるホテルを見極めるポイントを紹介します!   ①「動物取扱業」として登録されているかどうか ペット“ホテル”という位だから、許可書なんてあって当然!と思う方も多いかもしれませんが、昨今のペットブームに乗って無許可で営業をするところもちらほら。 なので「動物取扱業」の中でも“保管”の許可書があるかどうかは、必須条件として確認してください。   ② ホテルはできる限り下見を! ホテルを決める前に、実際に愛犬が過ごす場所を見せてもらうようにしましょう。 ・共有スペースの清潔感 ・排泄物の処理はキチンと行われているか ・ケージやクレート等の備品は清潔に保たれているか など、多くの犬が出入りする場所なので、そこには感染症のリスクも! 実際に自分の目で見て、問題ないかどうか判断するのがオススメ。   ③…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 犬の雑学
 

ブッチ供与量 計算フォーム

はじめに 食事の必要量(カロリー)は、年齢や運動量、またそのワンちゃん自身の体質によって異なります。 同じ量のご飯を食べても太りやすい人や太りにくい人がいるように、ワンちゃんにも1日に必要なカロリー量に個体差があるためです。 目安だけに頼らず、散歩等の運動量や体調などをよく観察して、食事の量を調節してあげてください。   また、愛犬と積極的にふれあうことで、体型に変化がでていないか確認してみましょう。 健康状態の維持を助けるだけではなく、愛犬との仲も深めることができます。   自分の愛犬の体型が痩せているか太っているかの確認方法については、ページ下部の「愛犬の体型をチェック!」をご参考ください。   ブッチのみを食事として与える場合の供与量 ブッチのみを食事として与える場合は、下記の供与量ガイドラインをご参考ください。 [PDF] ブッチ供与量ガイドライン ガイドラインはあくまで目安の数値です。 ご愛犬の年齢/健康状態/運動量/体質など、様子をみながら調整してください。   カロリーを基準にトッピングする際の供与量 下記のフォームに必要なデータを入力するだけで、ブッチをトッピングする際の供与量が算出できます。 お手元にブッチと一緒に与えるフードをご用意して、入力をお願いいたします。   また、下記フォームより算出される供与量はあくまで目安となります。 各フードメーカーによって定められている供与量・カロリー摂取目安や、愛犬の健康状態や体質を参考に、適宜ご調整ください。   計算フォーム…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の健康
 

ワンちゃんも花粉に要注意!?【花粉対策コラム】

寒い日々の中にも、ポツポツと暖かい日が増えてきて、やっと長かった冬の終わりが見えてきた気がします(^_^) 春になったら、お花見にハイキングなど、ワンちゃんと一緒にやりたいことがたくさん♪ でも!!春がくるのが本ッ当に憂うつ・・・と思っている方も多いですよね!? そうです! 今ではなんと日本国民の70%ほどが苦しんでいるとも言われる、国民病【花粉症】です(T_T) 鼻水・くしゃみが1日中とまらず、目もかゆいからお化粧もできないし、頭もなんだかボンヤリして仕事もはかどらない、どこをとっても最悪です!!!   そんな花粉症……じつは、ワンちゃんにもあることご存知でしたか?   犬の花粉症、人間とは原因が違う? 犬も花粉症にかかることがあります。 ただ、人のように“くしゃみ・鼻水”や“目のかゆみ”などの症状は表れにくいとも言われています。   人の場合は、鼻や目などの粘膜にある細胞と花粉がくっつくことで“ヒスタミン”という成分が炎症を引き起こし、それが鼻水やかゆみの原因となります。   しかし犬の場合は・・・、 ・もともと色んな匂いを嗅いだりする性質から、物質に対して過剰反応しない機能が備わっている ・粘膜のヒスタミンを発生させる細胞が人間より少ない 等の理由から、人間と同じような症状が出ることは少ないと言われているそうです。   犬の花粉症ってどんなもの? では“くしゃみ”や“鼻水”という症状が出にくい犬の花粉症とは、どういったものなのでしょうか。 個体差もあるそうですが、犬の多くは皮膚のかゆみや発疹、外耳炎など、花粉をアレルゲンとした「アレルギー性皮膚疾患」という形で花粉症状が現れます。 いつも痒がったり・アレルギー症状のない子が、この時期だけ体をよく掻くようになった・毛が抜けてしまったなどの症状が見られるなら、花粉症を疑ってもいいかもしれません。  …

  • 犬の健康
  • 犬の雑学
 

冬の寒さを侮るなかれ!【寒さ対策コラム】

スタッフの個人的な意見ですが……冬が季節の中で一番嫌いです。 その理由は何と言っても寒すぎるから! 11月にはコートがないと厳しい季節になり、次に軽装で出かけられるのは3月上旬。 そう思うと5か月近くもの間、寒~い毎日を過ごさなくてはいけません。 寒い季節、長すぎませんか?夏だって、大体7月~9月の3ヵ月なのに……(T_T)   そしてその寒さのピークが、まさに今の季節! あったかインナーに高級ダウン・ホッカイロなど、わたしたち人間は便利なグッズをすぐに手に入れることができますが、ワンちゃんはそうもいきません。 飼い主である私たちが、愛犬を寒さから守ってあげられる唯一の存在です。     「そんなこと言って、全身毛皮なのだからあったかいでしょ?大げさな!」と冬の寒さを侮るなかれ🤧 油断大敵!寒さに潜む危険性と対処法をご紹介します。   大前提!犬にとって最適な温度とは? 一般的に室内で飼育されている犬が快適に過ごせる気温は…… ・長毛の犬種・・・15℃〜20℃ ・短毛の犬種・・・20℃〜25℃ なので、どちらの犬種も20℃前後であれば快適に過ごすことができると言えます。 また、湿度も大きく関係しており、50%前後が最も適切と言われています。 湿度が低いと、肉球がひび割れたり、脱水症状を起こしてしまう危険も。逆に高すぎると、カビやウイルスの発生や熱中症の危険があります。   寒さにはどんな危険が潜んでいるの? 気温が低くなって空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜の働きが弱まり、細菌やウイルスへの抵抗力が低下してしまいます。 人間と一緒で風邪などを引きやすい状態になってしまうのです。愛犬にくしゃみや咳、鼻水等の症状が頻繁に見られたら要注意です。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第4回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 後編〜

年末年始の大掃除、全4回の大掃除コラムも今回がラスト! 家族みんなで気持ち良く新年を迎えるために……あともう少しだけ、頑張りましょう(^_^)/   お家のおそうじ編(第1回/第2回)・愛犬ボディケア前編(第3回)については、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~愛犬のボディケア対策 前編~   伸びすぎ注意!快適なお散歩にも重要な爪きり ココがポイント! 犬の爪には白い爪、茶色の爪、黒い爪があります。 毛色によって分かれることが多く、毛色が明るい犬は白く、毛色が濃い犬は黒い爪の場合が多いようです。 黒い爪の子だと、爪の中の血管が見えづらく出血させてしまうこともあるので、少しずつカットしていきましょう!   爪きりのタイミングを知る 犬の爪きりは、1ヵ月に1回程度でOK。 ただ、外に出てたくさん散歩する子と、室内飼いでほとんど外出しない子では、日常生活での爪のすり減り方も変わってきます。 地面やフローリングを歩くときに“カチャカチャ”と音が鳴るようなったら、カットするようにしましょう。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第3回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 前編〜

年末の大敵といえば!大掃除……ですね。 テレビから掃除用洗剤のCM等が流れ始めると「あぁ~今年も来たか~・・」とドヨ~ンとしてしまう方も多いのではないでしょうか? ペットと住むお家には、毛やよだれの汚れなど、ペットのいないお宅とは違ったおそうじが必要な分、すこし厄介ですよね。 お家のおそうじについては、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~   そんな困難を乗り越え、大掃除をもう完了させた皆さま! 年末のお休みに入ってから一気に片づけようとしている皆さま!! トリミングやシャンプーなどの≪愛犬の大掃除≫は、どうされるご予定ですか?(T_T)? 親戚の集まりや、パーティーなど人が来ることが多い年始に合わせて、年末はトリミングサロンの予約が争奪戦になることがよくあります(・・;) いつものサロンは予約が取れなかった~ 年末もバタバタしていて、サロンに連れて行く暇がない! 年末の費用がかさんで、サロンなんて…… などなど、お困りではありませんか?   そこで今回は、お家がまるでトリミングサロン!? 愛犬もキレイなカラダで年を越すために!お家でできるサロン級のお手入れ方法をご紹介いたします♪   まずは「シャンプー」で汚れた体をスッキリ! ココがポイント!…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康

おすすめコラム

 

猫は肉食動物って本当?

百獣の王ライオンに代表されるように、ネコ科の動物は肉食性が強いといわれています。 ですがわたしたちの身近にいる猫は、炭水化物が多く含まれているキャットフードを主食としていたり、時たま草を好んで食べていたりと雑食傾向があるようにもみえます。 はたして猫は肉食動物といえるのでしょうか?   猫はベジタリアンになれない 人間はもちろん、猫に比べて雑食性の高い犬などは、推奨はできないものの、肉なしの生活でも生きていくことが可能といわれています。 ところが猫は、生きていくために必要不可欠な栄養素が、肉類に多く含有されています。 その中でもとくに重要な栄養素が、必須アミノ酸「アルギニン」と「タウリン」です。 猫はアルギニンが不足すると尿毒症をおこし、そのまま放っておけば最悪の場合、命を落とすことになります。また、タウリンが不足すると、網膜や心臓などの重要な臓器に大きなダメージを引き起こしてしまいます。 これらの必須アミノ酸は体内で生成することができないため、必ず食事の中で摂らなければなりません。 そのため、野菜や穀類、果物だけの食生活では、猫は生きていくことができないのです。   猫が草を食べるのはどうして? 生きていくうえで、肉などの動物性タンパク質が欠かせない猫。 腸の長さを見ても、体長の4倍程度と、雑食の人間に比べてはるかに腸の長さが短く、植物等を消化・吸収するのに適していないことがわかります。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 とはいえ、草を食べている猫を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。 猫が好む草は、燕麦(エンバク)というイネ科の植物で、猫草として燕麦を売っているペットショップも多いです。 じつは、猫がどうして草を食べるのかは、まだ解明されていません。 有力な説としては、下記のものがあります。 毛づくろいして飲み込んだ毛玉を吐くため ビタミン・葉酸不足を補うため 嗜好品として好んで食べている 毛玉については、ただ吐くために近くにあるものを選んでいるだけともいわれています。 ビタミンや葉酸についても、猫の栄養素を考えた食事を与えていれば不足することはありません。…

  • キャットフード
  • ペット
  • 猫の雑学
 

犬って肉食?それとも雑食?

犬は、人間とともに生活を送りはじめた最も古い動物とも言われ、現在でも家族の一員として、または仕事仲間として、人間にとってかけがえのない存在となっています。 そんな犬の祖先といわれるオオカミは、狩りをして獲物を捕らえる肉食獣。そのため、「犬は肉食である」という話を耳にすることも多いですよね。 ですが現在の犬の主食といえば、小麦や穀類が混ざった「ドッグフード」。はたして犬は肉食か雑食、どちらなのでしょうか?   犬の「歯」はどんな形? 犬の歯の特徴といえば、肉を切り裂くための特殊な構造をしている巨大な奥歯「裂肉歯(れつにくし)」です。 犬の祖先といわれるオオカミをはじめとした肉食動物にも同じものがあり、この歯がなくなると野生の肉食動物たちは生きていくことができません。 オオカミの頭蓋骨。基本的な構造は犬とさほど変わらない。 犬種によって多少の差があるものの、基本的に犬は、切歯・犬歯・臼歯すべてあわせて42本の歯を持っています。どの歯も尖った構造で、肉を裂くことは得意でも、穀類や植物をすり潰すのは苦手です。 ドッグフードが主食である現代の犬の歯も、肉食のための特徴を色濃く残しているのです。   犬の腸は長い?短い? さて、歯の次は犬の消化器官について考えてみましょう。 草食と肉食、さらには雑食の動物たちの消化器官を比較してみると、「腸の長さ」に大きな違いがあるのはご存知でしょうか? 腸は、口や胃で分解した栄養を消化・吸収するため器官です。 植物を消化吸収するのには、時間がかかるため、腸の長さは草食・雑食動物のほうが肉食の動物より長くなっています。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 犬もほかの肉食動物と同様に、草食動物と比べると腸は短いですが、オオカミの腸が体長の約4倍であるのに対し、犬は5~7倍と少し長い傾向にあります。 犬と人間の共生は2万年の歴史があるともいわれており、人間から与えられた穀物などを食べる機会も多かったので、現代の犬の腸はオオカミより少し長くなっているのです。 食生活の変化があったとはいえ、人間の腸の長さは体長※の12倍! オオカミに比べて雑食性の特徴はみられるものの、人間と同じレベルの雑食性を有するまでには至っていません。 ※ほかの動物と同様に、四つん這いになった姿勢の口から肛門までの長さをもとに試算。 消化器官についていえば、「雑食性のある肉食」という言い方が一番しっくりきますね。   犬の食事はどうするのがベスト?…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の健康
  • 犬の雑学

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る