飼い主さんの意識調査!愛犬との公共交通機関の利用について【ニュース】

飼い主さんの意識調査!愛犬との公共交通機関の利用について【ニュース】

small dog pomaranian spitz in a travel bag on board of plane

 
皆さんは愛犬と旅行に行くことがありますか?
お出かけ好きなワンちゃんであれば、飼い主さんと一緒に旅行に行く機会も多いかと思います。

移動方法にはタクシーや電車、新幹線に飛行機、船などさまざまな交通手段がありますが、愛犬と一緒に旅行となると、自家用車で移動されている飼い主さんが多いのではないでしょうか?

今回は愛犬と旅行に行く場合、公共交通機関ではどの移動方法を利用する飼い主が多いのか、200人を対象に行われた「愛犬と一緒に乗れる飛行機や新幹線」についてアンケート結果をご紹介します。

 

愛犬を連れて公共交通機関を利用したことがある人は4割

スクリーンショット 2022-09-22 215514
 
まず愛犬と一緒にお出かけをする際に、公共交通機関を利用したことはある?という質問では、「利用したことはない」と回答した人が61.5%、「利用したことがある」と回答した人が38.5%という結果でした。

電車などの公共交通機関は、ワンちゃんと一緒に利用することが可能です。
しかしペットを乗せるためのルールが交通機関ごとに違っていることなどから、気軽に利用することが難しく、利用できていない人の方が多いのが現状のようです。

 

ワンちゃんとの外出には鉄道を利用する人が多い

スクリーンショット 2022-09-22 215718
 
ワンちゃんとの外出で利用したことがある公共交通機関は?という質問では、「鉄道」という回答が41人、「新幹線」が23人、「路線バス」15人、「地下鉄」が11人、「フェリー」「飛行機」が10人、「モノレール」「旅客船」が3人、「路面電車」「渡し舟」が1人という結果になりました。

鉄道ではワンちゃんをキャリーケースに入れることで一緒に乗車することができます。
そのため、小型犬の飼い主さんの方が鉄道を利用している傾向があるようです。

ワンちゃんと公共交通機関を利用していて困ったこと、不便だったことは何ですか?という質問では、「周囲への迷惑になってしまうことが気になった」「周囲の視線・ワンちゃんの鳴き声が気になった」などのコメントが多く寄せられていました。

ルールに従うことでワンちゃんと一緒に交通機関を利用することはできますが、肩身の狭い思いをしている人が多いことが伺えました。

 

ペットと一緒に搭乗できる飛行機の存在を把握している人は26.5%

スクリーンショット 2022-09-22 220103
 
2022年3月にスターフライヤーがペット同伴で搭乗可能なサービスを開始しました。
これは規定のケージに入れることの出来るワンちゃん・ネコちゃんに限ってのサービスです。

しかしコロナウイルスが流行していることなどから、遠方へ旅行をする人の数が減っており、ペット同伴可能な飛行機サービスの存在を知っている人は26.5%と、ほとんど周知されていませんでした。

 
スクリーンショット 2022-09-22 220522
 
一緒に搭乗できる飛行機をワンちゃんとお出かけする際に利用してみたい?という質問では「利用してみたい」と回答した人が61%、「利用したくない」と回答した人が39%という結果となりました。

利用したいという人からは「一緒に旅行がしたい」「安心できる」などのコメントが寄せられ、利用したくないと回答した人からは「気圧の変化からの体調不良が心配」「鳴き声が気になる」というコメントが寄せられました。

 

キャリーバッグが必要ないなら新幹線に愛犬を乗せたいとの声も

スクリーンショット 2022-09-22 220755
 
ワンちゃんがキャリーバッグやケージなしで利用できる新幹線ができたら利用してみたい?という質問では、「利用してみたい」が65%、「利用したくない」が35%に。

現在新幹線にワンちゃんを乗せるためには、ケージとワンちゃんの重さを合わせて10キロ以内に収めるという規定が決まっています。
そのため、小型のワンちゃんしか新幹線に乗ることができていないのが現状です。

ワンちゃんと暮らしている人の中には、できることならキャリーバッグなしで交通機関に乗せたいと考えている方、キャリーバッグに入れることができず交通機関に乗せられない方がいることがわかります。

 

愛犬と一緒に乗れる公共機関の取り組みがもっと広がってほしいと回答した人が多数

スクリーンショット 2022-09-22 221212
 
ワンちゃんと一緒に乗れる公共機関の取り組みがもっと広がるといいと思う?という質問では、「もっと広がってほしい」という回答が78.5%、「今のままでいい」が18%、「必要ない」が3.5%という結果でした。

ワンちゃんと暮らしている人の多くは、ワンちゃんも大切な家族の一員として考えており、現状の交通機関は制限が多く不便を感じているようです。

ワンちゃんと一緒に移動できる新幹線に感じるメリットとしては、「安心できること」「ゆっくりと旅行ができること」「旅行の選択肢が広がること」などが挙げられました。

反対にデメリットとしては、「周りに迷惑をかけてしまう」「愛犬のストレスや体調が心配」などのコメントが寄せられました。

全ての人がワンちゃんに好意的なわけではないため、ワンちゃんと一緒に安心して交通機関を利用できるようにするためには、まだまだたくさんの課題があると言えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アンケートの結果から、現在は愛犬を連れて公共交通機関を利用する飼い主さんが少ない一方で、今後のサービス普及によっては利用したいと考えている方が多いことが分かりました。

しかし、動物アレルギーなどでペットを交通機関に乗せることを良く思っていない方も少なくありません。

ワンちゃんを交通機関に気軽に乗せられるようになるまでには、飼い主さん1人1人がマナーや周りへの気遣いを徹底すること、また交通機関もペット同伴者専用車両を作るなどの歩み寄りが必要になると考えられます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る