犬派 or 猫派?より多くの人気を集めたのは?【ニュース】

犬派 or 猫派?より多くの人気を集めたのは?【ニュース】

dog_or_cat

 
犬も猫もどちらも、ペットの代表格ですよね。
どちらも愛すべき存在であり、大切な家族であることは間違いないかと思います。
しかし犬派と猫派で分かれることもしばしば。

それぞれに魅力があり、一概にどちらかなんて決められないとは思いますが、あえて選ぶとしたら犬派と猫派、どちらがより選ばれるのでしょうか?

今回はアンケート調査にて犬派 or 猫派を2,350人に回答してもらいました。
その結果をご紹介します♪

 

結果は犬派の勝利

yE9KIpJIrgxETT91629969098_1629969101
 
ワンちゃんとネコちゃん、どちらが好きか尋ねたところ、「犬」と回答したのは48.6%、「猫」が30%で、犬派が猫派を18.6ポイント上回っていました。

近年はSNS映えの影響もあり、猫ブームが話題となって久しいことから、猫派優勢の可能性が強いと予想されていましたが、実際には犬派が半数近くを占め、優勢となっています。

ただし「どちらでもない」という回答者も21.4%と比較的多く、やはりどちらか一方なんて選べないと感じた人も少なくなかったとも考えられます。

 

若年層で猫派強し!年齢を重ねると犬派に?

wfhmWZEbwCaGpLN1629969796_1629969801
 
アンケート結果を、回答者の世代別で分析しました。
すると、20代以下では、「犬派」が39.8%、「猫派」が46.9%となって7.1ポイント猫派が上回っていました。
しかし30代になると「犬派」が40.6%に増加、「猫派」は37.7%となって犬派が逆転、2.9ポイント差と、その差はわずかながら犬派の勝利になっています。

40代、50代ではさらに「犬派」が増加、対して「猫派」の割合は減少していきます。
60代、70代以上になると「犬派」が圧倒的となり、それぞれ52.4%、57.3%を獲得、「猫派」は24.5%、19.7%にとどまりました。
全体に猫派は若年層に目立ち、60代以上では犬派が猫派の2~3倍と圧勝する傾向が見られました。

世代別による傾向の違いなど、興味深い結果が見られた今回の調査ですが、それぞれ犬派、猫派として選んだ理由のコメントも見てみましょう。

「やっぱりワンちゃん!」という犬派の人からは、「飼い主への忠誠心が強い」という声や「犬のほうが人懐っこくて気持ちに寄り添ってくれる感じがする」「感情を全身で表現する感じがかわいい。実家で飼っていたので思い入れがある」などの声が寄せられました。
忠誠心が強くなついてくれる、まっすぐに愛情を表現してくれる姿が深く愛されているようです。

一方、「ニャンコが好き!」という猫派の人からは、「ツンデレでのんびり、猫の行動一つ一つに癒される」「つかず離れずの自由気ままなところがよい」などの声が多く寄せられ、散歩が不要で飼いやすいところも支持のポイントとなっていました。
現代生活にマッチする飼いやすさ、世話のしやすさもありますが、さりげない仕草に癒される、気まぐれで甘えてくる絶妙なツンデレ感がたまらなく愛らしいと感じる向きが強くなっています。

 

ペットを迎え入れた後の変化は?

7ua0Kj75xI2RStK1629971440
 
最後に、ワンちゃん、ネコちゃんを迎え入れた後、生活習慣や価値観に変化があったかどうかを質問したところ、7割以上の人が「あった」と回答しました。

ワンちゃんを迎えた人のコメントでは「生活にメリハリがつく。散歩は大変だが日課としてやらなければいけないので責任感もでるし、日ごろ運動しない習慣のわたしには散歩はもってこいだった。ダイエットに成功した。」「動物としてしか見てこなかった犬がまるで子供のように感じるようになった。」など。

ネコちゃんを迎えた人からは「朝起きてまずネコに食事を食べさせて、リビングのサッシを開けてデッキにネコが出られるようにするといったルーティーンができた」「まず猫の事を優先的に考える様になった。愛情込めて接すれば、ちゃんと返してくれるから、ますます愛おしく感じた。」といったコメントが寄せられました。

最初は動物としての扱いだったけど、一緒に暮らすうちにかけがえのない存在になったり、ワンちゃんとネコちゃんに合わせた生活習慣になったりするなど、どちらも深い愛情が感じられるコメントが目立ちました。

 

まとめ

調査結果ではワンちゃんの方が得点を上回りましたが、若い世代を見るとネコちゃんが逆転したりと、面白い結果になりましたね。
また、どれもワンちゃん・ネコちゃんの魅力にみせられた、愛情にあふれるコメントが寄せられました。

犬派であってもネコちゃんと暮らしたり、猫派であってもワンちゃんと触れ合うことで、それぞれの愛らしさに気付くはず。
互いが豊かに暮らせるよう、しっかり最後まで責任を持ってお世話をし、末永く良い関係を築いていきたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る