舐められる場所によって意味が違う?愛犬の舐める行動の秘密

舐められる場所によって意味が違う?愛犬のペロペロの秘密

A girl holding a dog's head, close up. Dog licks girl's hand.

 
ワンちゃんがペロペロと一生懸命に舐めている姿はとても可愛いですよね。
ですが、そのペロペロにはさまざまな意味が含まれていることをご存知ですか?

飼い主さんを舐める行動をとるのは感情表現のひとつ。
一生懸命、飼い主さんに気持ちを伝えようとしています。
さらに舐める場所によって「遊んでほしい」「大好き」などと、込められている感情にも違いがあるんです。

そこで今回は、ワンちゃんの舐める行動に隠された気持ちについて紹介します。
また、ワンちゃんが自らの体を頻繁に舐める場合に考えられる怪我やストレスについてもまとめました。

この記事を参考に、愛犬の気持ちをくみ取ってあげてくださいね!

 

人を舐めるのは愛情表現?

licking02
 
愛犬にペロペロされると愛おしく感じ、頭を撫でてあげますよね。
同じようにワンちゃんも私たちに愛情を示すために舐めてくれているのはご存知でしょうか。

さらに舐める箇所によって、その時の気持ちを伝えようとしています。
ここでは、ワンちゃんが飼い主さんのどこを舐めるかによって異なる意味について見ていきましょう。

 

飼い主さんの口を舐める

ワンちゃんが飼い主さんの口を舐めるのは「愛情表現」の表れです。

ワンちゃんは母犬の顔を舐めて、甘えたり、お腹がすいたといった自分の気持ちを伝えます。
また、ワンちゃんの祖先であるオオカミは、自分より上の立場のオオカミの口を舐めて、敵意がないことをアピールする習性があります。
このような本能から、ワンちゃんは飼い主さんの口を舐める時に「好き」や「ごはんをちょうだい」という気持ちを伝えていると考えられていますね。

しかし、ワンちゃんは不安を感じている時にも飼い主さんの口を舐めることがあります。
過度に口を舐めるようなら、飼い主さんに「落ち着いてほしい」「怒らないでほしい」と伝えたいのかもしれません。
愛犬が不安そうに口を舐めてきたら、過度にかまいすぎていないか注意したほうが良いでしょう。

 

飼い主さんの手・腕・足を舐める

ワンちゃんが手や腕、足を舐めてくるのは、「遊んでほしい」「かまってほしい」という気持ちを表しています。

飼い主さんの手は、優しく撫でてくれるもの、そして一緒に遊んでくれるものと認識しているワンちゃんが多いため、飼い主さんにかまってもらおうと手を舐めて甘えます。

また、足も手や腕と同じく、ワンちゃんがかまって欲しいという理由で舐めることが多いようです。
しかし、愛犬に遊んで欲しいというそぶりがない場合は、飼い主さんの足のにおいが愛犬にとって好みのにおいだという可能性も・・・。

 

飼い主さんの耳や鼻を舐める

耳や鼻を舐めてくる場合は、人間の耳垢や鼻水の味やにおいを気に入っている可能性が考えられます。
ワンちゃんは塩気のある味が好きなので、耳や鼻は絶好のスポットなのかもしれませんね。
あまりにも頻繁に舐めるようだと、耳や鼻の味が癖になってしまっているのかもしれません・・・。

 

ワンちゃん自身の体を舐めるのは要注意!

licking03
 
ワンちゃんは日常的に自分の体を舐めてグルーミングを行います。
ですが、頻繁に同じところを舐めているようであれば、皮膚トラブルや怪我が隠れているかもしれません。

皮膚にトラブルを抱えている場合の主な症状は、次の通り。

・皮膚に痒みがある
・怪我をして出血している
・肉球に火傷や怪我をしている
・腫瘍などがあり気になっている

 
また、ワンちゃんがストレスを感じている場合、「ストレスを和らげようとして自分を舐め続けること」や「退屈を紛らわそうとして自分を舐めること」さらに「自分の体をかじってしまうこと」もあります。
いずれにせよ、愛犬が体の一部分を舐め続けてしまうと、皮膚に異常が生じることがあります。
愛犬の様子をよく観察して、皮膚にトラブルが見られる場合は動物病院に相談しましょう。

 

ワンちゃんに舐められるのはよくない?

licking04
 
これまでにお伝えしたように、ワンちゃんにとって飼い主さんを舐めることは愛情表現のひとつです。

しかし、ワンちゃんの口内には数多くの細菌が含まれているため、飼い主さんが感染症にかかるリスクがあることを忘れてはいけません。
とくに免疫が弱っている時や基礎疾患を持っている場合には注意が必要です。

さらにワンちゃんは自らのお尻や、散歩中に気になる匂いのする物を舐めることがあるため、やはり衛生的ではないと考える方がいいでしょう。

愛犬には頻繁に舐めるクセをつけないようにし、また舐められた時にはすぐに洗い流すことをおすすめします。

また、私たちは化粧品や日焼け止めなどを日常的に使用していますし、男性の場合はシェイビングフォームが残っていることも考えられます。
どれも安全性の高いものではありますが、できればワンちゃんの口には入れたくないものですよね。

舐めるという行為にはリスクがあることを理解し、お互いの安全のためにも、舐める行動を辞めさせるしつけを検討しましょう。

 

舐めグセをつけないために

licking05
 
最も効果的なのは、愛犬が舐めようとしてきた時に、慌てず静かにその場を立ち去ることです。
飼い主さんが何かしらの反応をすると、喜んでいると勘違いをしてもっと舐めようとする子もいるので、リアクションをせずに静かに行動するのがポイントです。

その後、愛犬が落ち着いたことを確認したら、愛犬の元に戻り撫でたり遊んだりして、十分に相手をしてあげましょう。

なかなか愛犬が落ち着かない場合には、「お座り」や「待て」といった指示を出し、距離を保ちましょう。
愛犬が舐めずに我慢できた時には、オーバーなくらいに褒めたり、おやつをあげるなどしてあげてくださいね。

 

まとめ

愛犬が私たちを舐めることにこんな意味が込められていると知ると、より一層愛しいと感じますよね。

ですが、過剰に舐めることは衛生的に見るとあまりおすすめできません。

舐めるだけでなく、アイコンタクトや触れ合いで愛犬の気持ちを汲み取れるように、信頼関係を築いていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る