周囲から見たマナーの悪い行動とは?飼い主さんが気をつけるべきこと【ニュース】

周囲から見たマナーの悪い行動とは?飼い主さんが気をつけるべきこと【ニュース】

dogs-g3dc6e1a22_1920

 
日本では、約680万世帯の方たちが愛犬と暮らしているとされています。
しかし飼い主さんにとって愛犬との散歩やお出かけは楽しい反面、周囲に気を使うことも多いでしょう。
飼い主さん自身は気を使っていても、実際に周りの人はマナーについてどう思っているのでしょうか?

今回は、全国の10代以上の男女338人を対象に行われた「ワンちゃんの飼い主のマナー」に関するアンケート結果をご紹介します。

 

飼い主さんのマナーについてどう感じている?

4jTceMXb61Iz7KF1635907778_1635907795
 
まず、ワンちゃんの飼い主さんのマナーについて聞いたところ、「悪いと思ったことがある」と回答した人は91.1%となりました。
大半の方が、一度はワンちゃんの飼い主さんのマナーを悪いと思ったことがある結果となりました。

ではどういったことに対して、マナーが悪いと感じたのでしょうか。

 

マナーが悪いと思った1位は「排泄物の後始末をしない」

ydNT1RCQ3REHCrB1632745044_1632745048
 
【お散歩編】での「飼い主さんのマナーが悪いと思ったこと」を聞くと、1位は「排泄物の後始末をしない」で284票となり、2位の「ノーリード散歩」の147票に大きく差をつけていることが分かりました。

また、3位にも「どこでも排出させてしまう」が115票となっていることから、ワンちゃんの飼い主さんは散歩などをする際には、排泄物の処理に十分注意する必要があるでしょう。

z9flGh74vV3YN9h1632822157_1632822160

【公共の場編】の1位は「周りの人に配慮がない」で178票、「車内にワンちゃんだけを残している」が131票、「人間の座る椅子にそのままワンちゃんを座らせる」が91票と続きました。

公共の場には、ワンちゃんが好きな人だけが居るのではありません。
また、命にかかわるようなアレルギーを持っている人もいます。

人が座る椅子にワンちゃんを座らせたり、お店の外にワンちゃんを放置するのは、ワンちゃんにとっても、周りの人にとっても危険な行為。
公共の場に行く時は、きちんとマナーを守って飼い主さんや周りの人が気持ちよく過ごせるようにしましょう。

qkZS8mxXRFfzQwo1632822927_1632822930

【普段の生活・住居編】では、「敷地内にした排泄物をそのまま放置」や「敷地内で勝手に排泄させる」が上位にランクイン。
また、「ワンちゃんの飼い主さんに求めるマナー」でも、回答として最も多くなったのが「排泄物の処理」でした。
他人の敷地内で排泄をしたり、また排泄物をそのまま放置するのは大変迷惑な行為になります。

「飼い主のマナー以前に人としての常識」という回答もいくつかあったことから、人としての常識があれば、周りの人へ迷惑をかけなかったり、排泄物を放置したりしないと感じている人が多いことがうかがえます。

 

飼い主さん自身が気を付けていることは?

KE2J1HdZA1Z1pBv1632823049_1632823071
 
ワンちゃんの飼い主さんに、ご自身で気を付けているマナーを聞いたところ、最も多かった回答が「排泄物の処理」ほかには「散歩の時間帯や散歩コース」「リードは絶対に外さない」などがありました。

また、「出掛ける前に排泄は済ませて、病院など必要な時はなるべく他の人が少ない時間等考えて行く」や「マナーパットをしています。また排泄物袋、水を常備して出かけています」などといったコメントも寄せられています。

こういったことから、多くの飼い主さんが「排泄物の処理」に気をつけていることが分かりましたが、排泄物を放置してしまう一部の飼い主さんのせいで、全体的なイメージが損なわれていることがうかがえますね。

 

飼い主さんのマナーが悪くてトラブルになったケースも!

BqfFRLabAcV5em21632823212_1632823214 (1)
 
実際、飼い主さんのマナーが悪く「無駄吠えしている犬の飼い主に犬を近づけるからだと怒鳴られた」や「リードなしで散歩されていた犬が、こちらの散歩していた犬に飛びかかってきたことがあります」などといったコメントも寄せられ、トラブルになったケースも確認できました。

実際に、ノーリードで散歩していたワンちゃんが道路に飛び出して車にぶつかったり、他の人やワンちゃんをケガさせてしまったりといった、悲しい事件がいくつも起きています。

愛犬になにかトラブルがあった時に、ノーリードでは愛犬を守ることができません。
悲劇を起こさないためにも、飼い主さんはしっかりと飼い主としての自覚を持つ必要があるでしょう。

その一方で、「夜のお散歩でワンちゃんにもライトをつけてる飼い主さんは、目立つので運転手として嬉しいです」や、「信号待ちの横断歩道できちんとお座りさせて待たせているのを見た時」など、好感の持てた飼い主さんもいるというコメントも寄せられています。

このように、周りの人から好感を持ってもらえる飼い主さんがいるのは嬉しいですよね。
マナーを守ることは大切なワンちゃんの安全にも繋がるので、家を出たら飼い主さん1人1人が適切な行動を心がけることが大切でしょう。

 

まとめ

ワンちゃん自体に馴染みの無い方や他の飼い主さんからすると、飼い主さん自身の考え方や行動を理解することは難しいことですよね。
また、飼い主さんにとって愛犬は大切な存在ですが、ワンちゃんにアレルギーなどを持つ人などもいることも意識しておく必要があるようです。

様々な人が共存する社会で守るべきマナーは守り、周りの人たちにも配慮ある行動をとっていきたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る