毎日行くのは〇割!愛犬の散歩にまつわるアンケート【ニュース】

毎日行くのは〇割!愛犬の散歩にまつわるアンケート【ニュース】

news154

 
ワンちゃんとの生活には、日々の散歩が欠かせません。
室内で暮らすワンちゃんにとって外を歩くことは運動はもちろん、気分転換やストレス解消にもなるでしょう。
さらに、さまざまな匂いや景色、音に触れることはワンちゃんに刺激を与えます。

そんな散歩を日課にしている飼い主さんも多いと思いますが、頻度や所要時間は家庭によって異なるようです。

そこで今回はワンちゃんと暮らす人を対象に行われた、ワンちゃんの散歩事情に関するアンケート結果を紹介します。
また、ワンちゃんのお留守番事情についても見ていきましょう。

 

半数以上が長時間のお留守番

スクリーンショット 2022-09-29 131117
 
仕事や日々の用事など、やむを得ない理由でワンちゃんをひとり留守番させることがありますよね。
そういった場合、皆さんはどのように留守番をしてもらっているのでしょうか。

「愛犬が1匹で過ごす時間は多い時で1日どのくらいありますか?」という質問をしたところ、「1時間未満」と回答した人が13.3%、「1~3時間未満」という回答が18.7%、「3~6時間未満」が28.2%、「6~10時間未満」が28.8%、「10~15時間未満」が7.6%、「15時間以上」が3.4%という結果になりました。

グラフを見ても分かるように、約7割の人が3時間以上愛犬だけで過ごさせる時間があるようです。

続いて「留守番時の愛犬の過ごし方」を訪ねたところ、「家の中で自由にしている」が63.1%、「ケージ、ハウスに入っている」が28.9%、「専用の部屋に入っている」が10.9%、「自宅の庭など屋外にいる」が8%、「その他」が0.5%という結果でした。

ワンちゃんだけでの留守番時には、室内で自由に過ごせるようにしている人が多いですね。
ですが、愛犬の年齢や体の状態、性格もさまざまなので、クレートなどのスペースの方が安心できるケースもあるでしょう。
愛犬によって安全に留守番してもらえる方法で過ごしてもらうのが一番ですね。

 

毎日散歩に行くのは7割以上

スクリーンショット 2022-09-29 131501
 
次に散歩事情についてのアンケート結果を見ていきましょう。

「散歩の頻度はどれくらいですか?」という質問では、「毎日行けていない」が28.9%、「1日1回」が30.3%、「1日2回」が33.2%、「1日3回」が6%、「1日4回」が1%、「1日5回以上」が0.6%という結果となりました。

毎日行けていない人が約3割いる反面、7割以上の人は毎日の散歩を日課にしています。

続いて「1回の散歩にかける時間は平均どのくらいですか?」と尋ねたところ、「10分未満」という回答が10.8%、「10~30分未満」が53.1%、「30~60分未満」が30.5%、「60~120分未満」が4.8%、「120~180分未満」が0.5%、「180分以上」が0.3%という結果でした。

犬種や体の大きさ、年齢によって散歩の時間は大きく差がありますが、10~30分未満が平均帯のようです。
愛犬の体力をしっかり維持できるように、散歩時間を確保してあげたいですね。

 

散歩の時間帯は朝と夕方が多数

スクリーンショット 2022-09-29 132316
 
最後に「散歩に行く時間帯」について見ていきましょう。

最も多い回答は42%で「宵(18時~21時)」。
「夕方(15時~18時)」が39.4%、「早朝(4時~7時)」が35.3%、「朝(7時~10時)」が29.4%と続きました。

ワンちゃんは地面に近い分、人よりも熱中症になりやすく、暑い時間の散歩は不安を感じてしまいますよね。
仕事の都合や暑い時間帯を避けて、散歩に行く時間を決めている人が多いようです。

 

まとめ

散歩事情について紹介しましたが、アンケート結果はあくまでもそれぞれのワンちゃん、家庭での実情をまとめたものです。
ワンちゃんとの暮らしにおいて散歩は必須ですが、散歩の頻度やかける時間に一律の正解はありません。

愛犬の体力や性格に合わせるとともに、飼い主さんも無理のない範囲で散歩してあげましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る