洋犬なのに和名が人気!愛されフレブルの名前ランキング【ニュース】

洋犬なのに和名が人気!愛されフレブルの名前ランキング【ニュース】

news149

 
犬種の注目度は人々の暮らしのスタイルにおける変化や社会情勢、トレンドなどによって変動を続けていますが、近年はフレンチ・ブルドッグの人気が高まっています。

ミニチュア・ブルドッグにパグやテリアが交配されて生まれたといわれるフレンチ・ブルドッグは、バッドイヤーと呼ばれる特徴的なコウモリ耳に、パッチリとした瞳、まあるい顔、短いお鼻と、どこかコミカルで愛嬌のある姿が印象的です。
見た目の愛らしさはもちろん、陽気で愛情深い性格であること、無駄吠えが少ないといった特徴などから、広く現代の人々に愛されている犬種ですね。

「フレブル」の愛称でも知られ、熱心な愛犬家はもちろん、多くの人々を魅了し続けているフレンチ・ブルドッグですが、名前はどんなものが人気なのでしょうか。
今回はフレンチ・ブルドッグの飼い主さん2,994名に聞いた「フレンチ・ブルドッグ名前ランキング」を紹介します。
漢字や平仮名、カタカナなど表記を問わない呼び名で、男女を合計した総合ランキングとして集計しました。

 

呼び名の総合1位は「ハナ」ちゃん!

frenchbulldog_name
 
栄えある第1位には、65頭を数える「ハナ」がランクイン。
第2位には41頭の「コテツ」、3位には37頭の「モモ」が続き、いずれも愛らしく親しみやすい、親近感のある名前が上位に選ばれました。

4位は36頭の「ダイフク」、5位が35頭の「フク」、6位には30頭の「コタロウ」、7位は28頭で「アズキ」と「ムギ」が並びました。

フレンチ・ブルドッグは日本犬ではありませんが、意外にも上位には和風の名前や、和名の食べ物、和菓子からとられたとみられるものが目立っています。
心も緩むような愛らしさ、チャーミングで丸っこいフォルムも印象に残るフレブルには、親しみやすく呼びやすい名前が支持されているのかもしれません。

 

性別ごとでは「コテツ」君と「ハナ」ちゃんが1位

続いて男の子部門、女の子部門に分けて集計されたランキングも見てみましょう。

男の子部門では、1位が41頭の「コテツ」、2位が31頭の「ダイフク」と続きました。
3位には30頭で「コタロウ」が入り、コロコロと小さくキュートな雰囲気ながらも、ちょっとしたたくましさのある名前に人気が集まっているようです。

4位には27頭の「フク」、5位が15頭で「ブブ」、6位は14頭の「ソラ」と「マル」、さらに「ムサシ」が同率になりました。
以下、9位には「ゴンタ」、10位に「ブンタ」と続いています。
「フク」や「マル」といった可愛いイメージの名前も上位にある一方、「ムサシ」「ゴンタ」「ブンタ」といった、コミカルでキュートな雰囲気を残しつつも、やはり男の子を意識した強さのある名前が選ばれていることも確認されました。
そして、ここでも和風の人気の高さは確かに表れていますね。

一方、女の子部門はどうでしょうか。

女の子のお名前人気トップは63頭の「ハナ」で、2位が36頭の「モモ」がランクイン。
1位の「ハナ」の人気は他を大きく引き離しており、圧倒的な支持の高さを感じさせます。

3位は24頭の「アズキ」、4位が19頭の「サクラ」、5位には18頭で「コウメ」と「ムギ」が並んで入りました。
7位は15頭の「キナコ」と「ニコ」、9位は「コハル」、10位は「アンコ」、「ココ」、「マロン」となっています。

上位には、小さく可愛らしく咲く和風の花に関係した名前が目立ちましたね。
また、「アズキ」「キナコ」「アンコ」といった和菓子からの名前に人気が集まっています。

10位になると「ココ」や「マロン」といった、洋風な名前も見られますが、全体としてはやはり日本らしい名前、親しみやすく呼びやすい名前が選ばれました。

 

男の子はカタカナ、女の子はひらがなが人気

スクリーンショット 2022-08-30 223738
 
同じ名前でも平仮名やカタカナなど、どんな表記方法にするかでかなり印象は違ってくるものです。
フレンチ・ブルドッグの愛犬の名前として、どのような表記を用いているか、男の子、女の子別に集計を行いました。

男の子の場合は「カタカナ」が39%で最も多く、次いで「ひらがな」が29%、「漢字」が27%となりました。
「アルファベット」も少数ですが5%に見られています。

軽快なキュートさを表現しやすい「カタカナ」表記の人気が高い結果となりました。
日本らしさと少し強さ、たくましさを表現した音に対し、カタカナ表記とすることで、小型洋犬としてのフレブルらしさとバランスがとられているのかもしれません。

一方で女の子では「ひらがな」が48%と約半数を占めて最も多く、2位が「カタカナ」の32%でした。
「漢字」は16%、「アルファベット」は4%になっています。

男の子の場合に比べ、平仮名が20ポイント近く多くなり、カタカナに変わってトップに躍り出ました。
優しく柔らかい印象を与えやすい平仮名が、女の子らしく人気を集めているようです。

カタカナは軽快で洋風な雰囲気も伝えるため、男の子と同様に一定の支持があると分かりました。
漢字派はやや少なく、男の子に比べると11ポイント少なくなっています。

 

より具体的で強い思いの込められた漢字のお名前も

全体的に多く見られたのは和風や日本らしい名前でしたが、漢字表記の名前ではどんなものが人気なのでしょうか。

男の子では、1位が23頭の「大福」、2位が17頭の「福」、3位は13頭を数えた「小太郎」でした。
以下、4位に「虎太郎」、5位が「武蔵」、6位に「小鉄」、7位「大吉」、8位「福助」、9位は「麦」、「海」と続いています。

縁起の良い「福」の漢字が多く用いられていたほか、小さくても強さの感じられる「小太郎」、「小鉄」といった名前も人気でした。
「虎太郎」や「武蔵」、「海」など、堂々とした様子やおおらかなイメージのある漢字名も見られました。

女の子の場合では、1位が13頭の「小梅」で、2位が10頭の「花」、3位は8頭の「小春」でした。
以下、4位に「空」、5位が「杏」と「福」、7位に「華」、8位が「麦」、9位で「華子」、「小豆」、「小麦」、「紬」、「不二子」が並んでいます。

「小」のつく可愛らしい名前のほか、美しさを感じさせる「花」や「華」、「空」といった漢字にも人気が集まっています。
また、縁起が良い「福」は男女ともに名前の上位で見られる定番なようですね。

 

まとめ

どの名前も飼い主さんの愛情と想いがいっぱい詰まったものであることが感じられますね。
フレンチ・ブルドッグのの場合、洋犬でありながら和風のものに由来する名前が多いという傾向に意外性が見られました。

愛嬌たっぷりでどこかコミカル、親しみやすい可愛らしさが溢れるフレブルだからこそ、素朴で慣れ親しんだものやキュートな響きにイメージが繋がりやすいのかもしれませんね。

名前は家族の一員として迎え入れたワンちゃんへの最初の贈り物。
ぜひ大切にその子に合うものをつけ、いっぱい呼んで可愛がってあげてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る