迎えた時にやっておけばよかった!飼い主さんの後悔についてアンケート【ニュース】

迎えた時にやっておけばよかった!飼い主さんの後悔についてアンケート【ニュース】

A small kitten and a puppy lying next to each other under a white blanket on a bed at home against the backdrop of lanterns. British kitten and Brussels Griffon puppy

 
ワンちゃん・ネコちゃんと暮らす毎日は、慌ただしくも日々いろいろな発見と驚き、喜びにあふれていますよね。
何年も一緒に暮らしている飼い主さんであれば、お互いの生活リズムを理解し、愛犬愛猫が何を求めているか意思疎通もできるようになっているかと思います。

ですが迎え入れた時はきっと、今と違っていたでしょう。
飼い主さん自身がバタバタしていて気がつかなかったこともあるでしょうし、今になって「あの時こうしてあげればよかった」「もっとできたことがあったのではないか」そんな風に悔やんでしまうこともあるかもしれません。

今回はそうした「後悔」について、560人の飼い主さんを対象に行われたアンケート結果を紹介します。

 

飼い主さんの76.8%が後悔あり

スクリーンショット 2022-07-20 122206
 
まず、お迎えした時からやっておけばよかったと後悔していることがあるかどうかを全員に尋ねました。

すると「ある」と回答した飼い主さんが76.8%を占め、「ない」とした23.2%の飼い主さんを大幅に上回る結果となりました。
4人のうち3人超の飼い主さんが、何かしら後悔していることがあると感じています。

 

やってあげたかったことのトップは「成長記録を残すこと」

スクリーンショット 2022-07-20 122927
 
やっておけばよかったと後悔していることがあると回答した飼い主さんを対象に、その具体的な内容を尋ねたところ、最も多かったのは「成長記録を残すこと(写真アルバム作りや動画撮影など)」の21.6%でした。
唯一、全体の2割を超える回答率で、2位以下に差をつけトップとなっています。

「成長記録を残すこと」と回答した方からは、次のようなコメントがありました。
『乳歯が抜けた時など、写真に残しておけばよかった』(40代)
『最近の写真しかなく、昔の写真がないことへの後悔がある。昔を思い出せる記録がない』(20代)

成長過程はどれも過ぎてしまえば二度と戻らないだけに、記録を残さなかったことを悔やむ飼い主さんが多いようです。

続く2位は「歯磨きやブラッシングなど、定期的なお手入れ」で17.2%の回答を得ました。
この回答を選んだ飼い主さんでは、次のような声があがっています。
『爪切りや歯磨きをやろうとしても嫌がって暴れるので、小さい頃から慣れさせておけばよかった』(40代)
『歯肉炎の症状が出ているが、歯磨きを嫌がってしまう。小さい頃から習慣づけしておくべきだった』(60代)

歯磨きやブラッシングなどのお手入れは欠かせないものですが、どうしても嫌がってしまうワンちゃん・ネコちゃんも多いもの。
もっと小さい頃から慣れさせておけば抵抗なくできたのでは・・・と考える飼い主さんが目立ちました。
すでに歯肉炎など、症状が現れていればなおさら、早くに習慣づけておくことの重要さを思うのも納得ですね。

3位は「思い切りかまってあげる時間を確保すること」の13.3%でした。
こちらを選んだ飼い主さんからは、次のような声が寄せられています。
『コロナ禍で旅行も行きづらかったが、ペット可のバンガローなど、もっと計画して連れて行ってやればよかった』(50代)
『出産・育児の時期にスキンシップを取らなかったことをとても後悔している。今は子どもも大きくなり、時間を取り返すように一緒の時間を過ごすようにしている』(40代)

飼い主さんの事情や、新型コロナウイルスのような突発的要因で生ずる社会的な問題、環境変化などから影響を受け、描いていたような日々を送れなくなったりといったことはしばしばあることです。
しかし愛すればこそ「もっとたくさん甘えさせてあげればよかった」「小さいころからさまざまな経験をさせてあげたかった」と後悔につながることもあるのかもしれません。

以下、4位には「思い切り遊べる場所に連れていくこと」の10.7%、5位に「しつけを教えるスクールなどの利用」と「さまざまな場所に一緒に行く、旅行に行くなどの思い出づくり」が同率の7.7%でランクインしました。

7位は「定期的な検診」の6.7%、8位「健康的な食事を提供すること」の5.3%、9位が「一緒に寝ること」の4.7%、10位に「いろいろな場所を散歩すること」の3.7%となっています。

 

「もっと写真を撮っていれば」と思う飼い主さんも過半に

スクリーンショット 2022-07-20 123451
 
まだ小さかった「子犬・子猫の頃の写真をもっと撮影しておけばよかった」と後悔したことがあるかどうか、全員に尋ねた結果では、「ある」が56.6%にのぼり、「ない」の43.4%を約13ポイント上回りました。

スマートフォンの台頭により手軽に撮影したり、データを共有することができるようになった今だからこそ、そのように思う飼い主さんも多いのかもしれません。

 
スクリーンショット 2022-07-20 123818
 
さらに、どんな仕草や行動のシーンを残しておきたかったか、具体的に尋ねた結果では、1位が「成長の様子が分かる定点写真」で178票(56.2%)でした。

続く2位は「家族と過ごしている日常の様子」の160票(50.5%)で、3位が「家に迎えた直後の様子」の156票(49.2%)となっています。
4位は「寝顔」の136票(42.9%)、5位が「自分とのツーショット写真」の122票(38.5%)で、6位は「家族全員での記念写真」の111票(35.0%)でした。

気づくと自分が撮影するばかりで一緒に写った写真がなかった、家族全員での写真は探してみるとないなど、記録を残していたつもりでも盲点になりそうなケースも上位に入っています。

以下、7位は「肉球や手足など体のパーツ」の99票(31.2%)、8位は「散歩中の様子」の85票(26.8%)、9位に「あくび」の83票(26.2%)、10位が「食事中の様子」で82票(25.9%)となりました。

大切な愛犬愛猫だからこそ、成長を思い返すことのできる写真や、家族と触れ合う姿を残しておきたかったと思う飼い主さんも多いことでしょう。

 

まとめ

ワンちゃん・ネコちゃんと長く一緒に暮らしている飼い主さんには、「そうそう!」と思わず共感させられるポイントの多い内容だったかもしれません。

その時その時は今に必死で気がつかなかったことが、後になって「もっとこうしておけば」と後悔する内容になることは、避けられないものも含め、少なからず生じてくるものです。

これから新しい家族として小さなワンちゃんやネコちゃんを迎え入れようとされている方は、今回のアンケート結果を参考に、より悔いのない日々を目指していけると良いですね。
また、今の時点で過去に後悔がある飼い主さんにも、これからの時間をより大切に過ごしていくことや、何気ない時間の貴重さ、愛おしさをあらためて考えるきっかけにしてもらえればと思います。

ぜひ素敵なワンちゃん・ネコちゃんとの日々をこれからも積み重ねていってくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る