獣医師によるドッグフード選びのポイントは?【ニュース】

参考にしたい!獣医さんによるドッグフード選びのポイントは?【ニュース】

180609_SK00494
 

愛犬たちが毎日、口にしているのがドッグフード。

皆さんはドッグフードを選ぶとき、何をポイントにしていますか?

 
今回はペットのスペシャリストともいえる、獣医さんに聞いた「ドッグフードのこだわりポイント」をご紹介します!

 

できれば避けたい!ドッグフードの特徴

img_216006_4

獣医さんがおすすめしないドッグフードの特徴として、1番多く回答されたのは「化学合成物質が配合されている(27.0%)」でした。

2位は「複数の添加物が入っている(22.7%)」、次いで「4Dミートや肉副産物が入っている(18.4%)」が続きました。
 

私たち人間も出来るだけ化学合成物質や、品質に疑問を感じる食べ物は避けたいところ。

ワンちゃんにとっても『体に良くないであろうもの』は避けるべきと考える獣医さんが多いようです。

 

ドッグフード選びのポイント

img_216006_5
 
実際に愛犬と暮らしている獣医さんがフードを選ぶ時に気にしているポイントの特徴では、1位に「栄養バランスが良いもの(49.7%)」がランクイン。

2位は「国産のもの(40.6%)」、その次は「4Dミートや肉副産物が入っていないもの(28.5%)」、「化学合成物質が配合されていないもの(27.0%)」、「複数の添加物が入っていないもの(21.0%)」という結果になりました。

食事のバランスはもちろんですが、安心して与えられるものかどうかも大切なポイントとなるようです。

 
総合栄養食といわれるドッグフードは、ドッグフードと新鮮なお水を与えてることで、ワンちゃんたちの必要な栄養素が保たれるものです。そのため、栄養バランスが重要。

総合栄養食でなおかつ、複数の添加物や4Dミートなどが使用されていないフードを選ぶポイントにすると良いですね。

 
また、最近では日本以上にペットへの関心が強い国や、食肉への規制の厳しい国からの輸入フードも増えています。

安心できるものかどうか、そして何より愛犬が日々の食事を楽しみにしてくれるかどうかを見極めていきたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る