バレンタインに愛犬とブッチで愛を確かめあおう!

バレンタインに愛犬とブッチで愛を確かめあおう!

バレンタインとは?

 
日ごろの感謝の気持ちを伝えるきっかけとして、大切な方へチョコレートやプレゼントを贈るバレンタイン。

もともとバレンタインデーは、兵士の結婚が許されなかった時代のローマ帝国で、多くの兵士の結婚式を密かに執り行っていたウァレンティヌス司祭が殉教した日とされています。

キリスト教圏ではこの日、家族や恋人など大切な人に贈り物をすることが習わしとなったことから、2月14日に大切な方にギフトを贈る文化が日本を含む諸外国にも広がったのです。

日本でのバレンタインの定番はやはりチョコレートですが、甘いものやチョコレートが苦手な人にはチョコレート以外の嗜好を凝らしたギフトが人気となっているそうです。

また最近は愛犬とバレンタインを楽しむ方も多くなってきました。
愛犬に日ごろの感謝を込めて、ブッチでバレンタインを楽しむ素敵なアイディアをご紹介します♪

 

ワンちゃんにチョコレートをあげても平気?

valentine_2
 

バレンタインといえばチョコレート!
ですがチョコレートはワンちゃんに絶対あげてはいけない危険な食べ物です。

チョコレートの原材料カカオに含まれる、カフェインやテオブロミンなどの化学物質を犬が摂取すると、嘔吐や下痢をはじめとする中毒症状を起こします。

人間はテオブロミンを肝臓で無害な物質に代謝できますが、犬は分解能力が弱く、長く体内に留まってしまいます。
そのため毒素を体外に排出しようと嘔吐や下痢をくり返してしまいます。

また、大量に食べると神経や心臓へ過剰な作用を起こし、震えや不整脈、痙攣などの症状が出るほか、最悪の場合は死に至ることもあります。

 
そこでブッチは、ココアやチョコレートの代替品として用いれられるキャロブパウダーを使ったブッチバレンタインを提案します!

 

キャロブって何?

valentine_3

 
キャロブ (carob) は、マメ科の植物である「いなご豆」を乾燥させ粉末状にした食品です。
果肉自体に甘みがあり、味はココアやチョコレートに似ているので、それらの代替品として用いられます。

またカルシウム・鉄分・食物繊維などを豊富に含んでおり、健康食品として知られています。

カカオに比べて脂質が少なく、甘みがあるので余分な甘味料を添加する必要も無いため、ダイエット用・ペットのおやつとして使われる方もいる安心素材です。
(ただしキャロブ自体にアレルギー反応を起こす人もいるため、与えはじめは注意が必要です。)

キャロブは製菓材料やオーガニック食品を扱っているお店で購入ができ、「パウダータイプ」「チップタイプ」「シロップタイプ」などがあります。

種類によって味や香り、食感などが少し異なりますが、含まれる栄養素にほぼ違いはないので、いろんな料理に取り入れやすくていいですね!

 

キャロブでブッチバレンタイン♪

valentine_4

 
いつも角切りであげているブッチを、ハートの型抜きを使って簡単アレンジ♪

形を変えるだけでいつものブッチがバレンタインっぽくなりました。

 
valentine_5

 
次に溶かしたキャロブパウダーを素敵にデコレーション。
「Happy Valentine」や「LOVE」、愛犬の名前を書いてあげてもいいですね♪

そして粉ふるいを使って、ハートに型抜きしたブッチにヤギミルクパウダーをかけます。

 
valentine_6

 
さらにブッチスタッフはフリーズドライのフランボワーズとマンゴーをトッピング。
これだけで、ごちそう感が一気にUP!!素敵なバレンタインプレートの完成です。

年に一度、お互いの愛を確かめあうバレンタイン。是非ご愛犬と最大の愛をブッチで確かめあってはいかかでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る