愛犬とキャンピングカーで車旅!気になるアンケート調査結果を発表【ニュース】

愛犬とキャンピングカーでくるま旅が人気!調査結果を発表【ニュース】


 
本格的な夏を前に、ペットとのお出かけを計画している飼い主さんは多いのではないでしょうか。

ペットと一緒の旅行なら、移動手段は車が安心ですよね。

 
最近では車内で宿泊できるキャンピングカーが大人気!

「キャンピングカーでの旅行には憧れるけど、実際のところどうなの?」 なんて疑問を持っている方もいるはず。

そこで今回は、キャンピングカーを所有しているユーザー、またはキャンピングカーに興味を持っている人を対象に行われた「ペットと楽しむキャンピングカーライフ」のアンケート調査(2020年2〜3月)の結果についてご紹介します。

 

ペットとのキャンピングカー旅行が人気

img_211043_2
 
キャンピングカーユーザー、またはキャンピングカーに興味を持っている人の中で、ペットを飼っている人はなんと全体の7割以上にのぼります。

さらに、その中で飼っているペットの種類の割合は、犬が85.5%。

アウトドア雑誌などでも特集されているように、愛犬とのキャンプなどを楽しむ人が増えているようです。

img_211043_4
 
ペットを飼っている人に「キャンピングカーを所有していると、ペットとのくるま旅は快適になると思いますか」と質問したところ、なんと92.8%の人が「はい」と回答。

外出や旅行の移動手段は、電車や新幹線、飛行機などさまざまありますが、周囲の人々の目を比較的気にせず移動時間をペットと楽しめ、ある一定のスペースが保てるキャンピングカーは、飼い主さんやペットにとって快適な旅を過ごすためのツールなのかもしれません。

また、ペットと出かけるメリットをアンケートしたところ、「ひとりでの外出も愛犬が一緒だと寂しくない」、「外出先や旅先で同じ犬種の飼い主さんに出会うと話が盛り上がる」などの回答がありました。

ペットと一緒の旅は、人それぞれの魅力が盛りだくさんのようです。

 

ペットとくるま旅をどう楽しむ?

img_211043_5
 
「ペットをキャンプに連れて行きますか」の問いに対しては「いつも連れて行く」と回答した人は82.7%でした。
ペットと一緒に自然を満喫したいという気持ちや、ペットは家族の一員であるという認識が関係していると考えられます。

「ペットとくるま旅をするとき、何をしたいたいですか?」という問いに対しては、「観光」の回答が最も多く、続いて「キャンプ」、「温泉旅行」、「ドッグランで遊ぶ」などの回答がありました。

どの回答も大差はなく、思い思いに愛犬とくるま旅を楽しみたい飼い主さんが多いことが分かります。

img_211043_10
 
また、1泊以上の車の旅行をする場合、車中泊をするという選択肢もありますが「ペットとくるま旅をするとき、どこで車中泊したいですか」という問いに対しては、「道の駅」が最も多く、以下「RVパーク」、「オートキャンプ場」と続きました。

RVとは「Recreational Vehicle=休暇を楽しむための車」の略で、日本ではキャンピングカーやステーションワゴンといったレジャーに向いている車を指します。

RVパークやオートキャンプ場にはペット同伴でも利用できる場所が多くあります。
ペットと飼い主さんがともに過ごしやすい場所を利用することで、旅の充実度はよりアップするでしょう。

 

くるま旅、気になるポイントは?

img_211043_11
 
「ペットとくるま旅をするとき、何に気をつけていますか」という問いに対しては、「排泄をする場所・間隔」という回答が最も多かったほか、「ペットとくるま旅をするとき、何がいちばん大変だと思いますか」という問いも「排泄をする場所・間隔」が最多となりました。

大切な家族に不便な思いをさせないためにも、ペットのトイレは、場所・タイミングともに、飼い主さんが注意すべきポイントですね。

img_211043_13
 
ペットの排泄のタイミングに関しては「散歩中のみ」が61.8%、「車内のペット用トイレと散歩のとき」は26.7%という回答結果に。

ペットの車酔い対策に「適度に休憩を取っている」と回答した人が83.6%いることから、車酔い対策の休憩も、トイレタイムとして活用している飼い主さんが多いのではないでしょうか。

サービスエリアには、ドッグランや排泄物を捨てることができる専用のゴミ箱が設置されているところもあります。

ペットを伴った車での外出・旅行は、通り道にどんな設備があるのか事前にチェックすることが重要でしょう。

 

まとめ

家族として日々一緒に暮らしているペットたち。

せっかくのお出かけや旅行を、ペットと一緒に楽しみたいと考える方が多いことが分かりました。

ペットと飼い主さんにとって快適な時間とするためにに、車内でどのように過ごし、どんな準備が必要なのか知ることが重要です。

 
そして、キャンピングカーといった一般車より広さが確保できる車だとしても、日常とは違う環境に変化したことで、愛犬がストレスを受けすぎてしまう可能性も・・・

まずは「エンジンを止めて車にいることに慣れされる」といったトレーニングから始めましょう。

ペットの気持ちに寄り添いながらくるま旅を存分に楽しみ、充実したひとときを送ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る