インターペット東京出展レポート

インターペット東京2021出展レポート

インターペット東京に出展してきました!

TOPs

2021年4月2日(金)〜4月4日(日)の3日間、東京ビッグサイトで2年ぶりに開催されたインターペットにブッチが出展しました。コロナの影響でどうなるか心配の多いイベント出展でしたが、沢山のお客様にご来店いただき、大成功!となりました。

ブッチブースにお立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました!!

ご来店いただいた方・今回は不参加だった方にも、会場の雰囲気をお伝えできたらと思い、ブッチインターペット出展の様子をレポートいたします!

 

まずは会場の設営から

東京の倉庫から商品を冷蔵使用のブッチラッピングカーに積み、東京ビッグサイトへ運ぶ所からブッチの設営が始まります。

先ずは、大量のブッチをスタッフ3名で冷蔵庫に並べていきます。1本800gのブッチを冷蔵庫の端から端まで並べる作業は、かなりの重労働!背伸びしたり腰をかがめたり、意外と体への負担が大きいのです(^^;)

合計で1トン近くのブッチをヘロヘロになりながら作業していきます。

しかもブッチは冷蔵商品。ブッチが温まってしまわないように、スピード勝負でした。
 

 
筋肉痛必至なブッチ入れ作業ですが、ブッチで満杯になった冷蔵庫は圧巻で、離れて眺めてみると感無量です。
と同時に『こんなに沢山のブッチを売り切れるのだろうか…』と少々不安な気持ちにも…。
 

2
 

ブッチを沢山の方に試食してもらえるよう3ヶ所に試食台を設置し、また今回は東京のイベントで初めてグッズを販売するので、お客様の目に留まりやすいよう、棚に美しくグッズを陳列します。

さぁ、これでお客様を迎える準備は整いました!
 

3
 

初日がスタート

4月2日(金)午前10時にブッチのインターペット出展初日がスタート!
イベント出展用に作ったブッチオリジナルエプロンを着て、ブッチスタッフがお客様を待ち受けます♪
 

4
 
初日から沢山のお客様にブッチブースにご来店いただき、ブッチを切っても切っても間に合わない!という嬉しい悲鳴が続きます 笑。
ブッチを切りながらブッチの商品説明をするプロなブッチスタッフ達。「1人でも多くの方にブッチの美味しさを知ってもらいたい!」。そんな思いでがんばります!

平日ですが想定よりも沢山のワンちゃんにブッチを食べてもらえたので、体は疲れても心は嬉しさでいっぱいで初日を終える事ができました☆
 

5
 

2日目も大盛況!!

初日に続き、2日目も午前10時からスタート!と思いきや、来場者多数との事で予定より10分早めに会場がオープンしました。

2日目も急いで試食用ブッチを用意します。ブッチは水分量が多いフードなので、切りたてが一番みずみずしく、最も美味しい状態です。一番美味しい状態で試食してもらいたい!という思いから、切り置きせず、出来る限りその場でカットして新鮮な状態でお出ししております。
 

6
 

2日目はブッチアンバサダーのあーちゃん&ぺーちゃん(ゴールデン・レトリバー)、うどんくん(フレンチ・ブルドッグ)、はちくん(ビーグル)が遊びにきてくれたのでスタッフは大興奮!

みんな変わらず元気そうな姿を見て、スタッフのエネルギーは再チャージされました 笑。
 

7
 

インターペットでは、ブッチ3本とフレッシュキャップSサイズのセットを税込3,000円のお買い得価格で販売しました。しかもブッチ3本の種類はお客様のお好みで自由に選べます。
前日に比べ、2日目にご来店されたお客様が多くいたので、夕方頃にはブルー・レーベルが売り切れになってしまいました!!

この日ブルー・レーベルが買えなかったお客様には、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。在庫がかなり品薄になったのでスタッフが本社までブッチカーを走らせ、在庫の補充を完了して2日目を終えました。
 

8
 

最終日、午後早めに在庫が終了!

最終日も来場者多数により、予定より早くにオープンしたインターペット。オープン直後は落ち着いていたブッチブースですが、お昼に近付くにつれ、混み合ってきました。

ブッチは冷蔵商品のため、以前のイベントでは、会場を見て回られるお客様のために冷蔵庫での取り置きを承っていましたが、今回は感染症対策の一貫として購入商品の取り置きができなくなってしまいました。
イベント前からLINEなどでお知らせをしてあったので、お客様が保冷剤を入れたクーラーボックスを車に持ち込む等、協力してくださる事にブッチスタッフは心から感動しました。

昨年、コロナウイルスの感染拡大によりインターペットが中止になったとき、今後のイベント開催が難しくなるのではと不安いっぱいでした。
ですが、皆さんのご協力と開催側の創意工夫によって、無事イベントを終えることができて本当にありがたいです。

午前中の早い時間から皆様ブッチを購入されていき、お昼過ぎにブラックレーベル・ホワイトレーベルの順に売り切れになり、14時には全てのブッチがなくなりました。
 

9
 

試食用のブッチはまだ沢山あったので、そこからはブッチの大試食大会に!!
贅沢な厚切りブッチや“わんこそば”ならぬ“わんこブッチ”状態で、ブッチが買えなかったお客様にも楽しんでもらえたのでは?!と思います。
 

10
 

ブッチは秋以降もいくつかのイベントに出展予定です。
今回、インターペット東京には参加できなかった方も、どこかのイベントでお会いできたら嬉しいです!!

「ブッチをお得な価格で絶対買いたい!」という方は午前中にご来店し、
「ブッチを買った後もお買い物したい!」という方はクーラーボックス+保冷剤をご持参いただき、
「ブッチを沢山食べたい!」という方は「厚切りブッチ!」「わんこブッチで!」とお声がけください。

ブッチスタッフは皆様とお会いする事を心より楽しみにしております♪
 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る