【おしえて、クアク先生!Vol.1】夏のフード問題はこれで解決! タイプ別ブッチ活用法診断 │ ブッチ・ジャパン公式通販サイト

【おしえて、クアク先生!Vol.1】夏のフード問題はこれで解決!タイプ別ブッチ活用法診断

夏のタイプ別診断チャート

体が毛で覆われた犬にとって、夏は一番キビシイ季節。

食欲が落ちたり、水分不足になったり……。

最悪の場合、熱中症により命の危険も(+_+)

 
そんなキビシイ暑さから愛犬を守る方法を、愛犬のタイプ別診断後、ブッチの使い方と合わせてご案内します♪

さらに今回は、獣医師のクアク美智子先生から、暑さ対策のアドバイスも頂戴しました!

 
夏に食欲が落ちて心配……そんな時こそ、ぜひこの記事をチェックしてみて下さいね!
 

やってみよう!夏のタイプ別ブッチ診断

Q1 愛犬はダブルコート、もしくは短頭種である

◎ダブルコートの子は、暑さに弱い!
換毛期には抜け毛がごっそりでるダブルコートのワンちゃんですが、じつは暑さに弱いのです。
……………………………………………………
柴犬、ポメラニアン、コーギー、シベリアン・ハスキー、ゴールデン・レトリバーなど
 
◎短頭種のワンちゃんは夏バテしがち!?
鼻ぺちゃさんこと短頭種のワンちゃんたちは、口が小さいので呼吸から熱を逃がすのが苦手なのです。
……………………………………………………
フレンチ・ブルドッグ、パグ、シーズー、狆、ペキニーズなど

 
 

おしえて、クアク先生! Vol.1


 
愛犬と暮らす中で、ふとでてくる小さな疑問たち。

そんな疑問を解消するヒントを、獣医師のクアク先生に教えてもらいました!
 

Profile クアク美智子先生(OurPetsどうぶつ診療所)


大阪府立大学農学部獣医学科卒業。
自身の愛犬・愛猫の病気をきっかけにペットの食について考えるようになる。
現在は自身が院長を務める「OurPetsどうぶつ診療所」にて、症状や検査結果だけにとどまらず、飼育環境、精神状態など総合的に判断し、ワンちゃんそれぞれに適した治療を行っている。

 

記念すべき第1回は、これからの季節に心配な暑さ対策についてです(*^^*)
 

ルンルン
&ケイコ

Q. 愛犬の暑さ対策、どんなことに気をつければいいですか?

クアク先生

A.暑さ対策で気にかけなくてはいけないのは、温度と水分です!
 
熱中症対策で水分補給は必須ですが、それはもちろんペットたちでも同じこと。
 
ただ、ワンちゃんは、水分を自ら意識的にとってくれるわけではありません。
 
なので、私の診療所では夏の時期はシャーベット状の水分補給用のお水をお出ししています。
 
 
さらに、身近なものでできる水分補給として、私がオススメしているのは・・・
シャーベットブッチです!
 
ブッチを凍らせたままお散歩時に持っていくと、おでかけの途中で少し溶けだし、シャーベット状のブッチになります。
 
これが水分補給とクールダウン用のおやつとしてピッタリなんです。
 
ブッチは嗜好性の高いフードなので、食欲が落ちやすい夏には最適のフードだと思いますよ。

 

▲お出かけ中の水分補給に最適◎
 

クアク先生

ブッチを凍らせたままお散歩時に持っていくと、おでかけの途中で少し溶けだし、シャーベット状のブッチになります。
 
これが水分補給とクールダウン用のおやつとしてピッタリなんです。
 
ブッチは嗜好性の高いフードなので、食欲が落ちやすい夏には最適のフードだと思いますよ。

 
クアク先生に教えてもらった暑さ対策。

ワンちゃんが夏バテになる……その前に!ぜひ、試して見てくださいね!!
 



この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る