犬の嗅覚で放火かどうかがわかる?微量のガソリンも察知【ニュース】

犬の嗅覚で放火かどうかがわかる?微量のガソリンも察知【ニュース】

christoph-wesi-OHoTzVyeCak-unsplash

 
犬の嗅覚はとても鋭いことで知られています。

犬はその嗅覚の鋭さから訓練次第で、小さじ10億分の1ほどのわずかなガソリンでさえ、嗅ぎ分けることができるということを、カナダの研究チームが発表しました。

今回は、この研究結果についてご紹介します。

研究の内容とその結果

この研究では2匹の犬を対象に、以下の実験を行いました。

Aパターン

さまざまな可燃性の液体を嗅ぎ分ける訓練を実施。

Bパターン

ガソリンの匂いを嗅ぎ分ける訓練を実施。

 
Aパターンの訓練を受けた犬は、あらゆる可燃性の液体を嗅ぎ分けることができましたが、Bパターンの訓練を受けた犬は、ガソリン以外の可燃性の液体に対し、嗅覚が鈍くなるということが分かりました。

しかしその一方で、Bパターンの訓練を受けた犬は、わずかな量でもガソリンの匂いを検出することが可能であることが分かったのです。このわずかな量とは、なんと小さじ10億分の1の量に値します。

つまり、人間であれば実験室の設備がなければ検出できないほどの微量なガソリンを、犬は嗅ぎ分けることができるのです。

この驚くべき犬の能力は、ガソリンを使用した放火であるかどうかを判断する材料になるかもしれません。

犬の嗅覚が放火の証拠に?

アルバータ大学科学科の研究者は「犬は法廷で証言することはできません。しかし、犬が示した場所から証拠となる残骸を見つけ、分析することができます。ガソリンに対する犬の検出レベルが明確化したことは、今後、さまざまな証拠を処理する法医学研究所にとっても大きな一助となるでしょう。」と述べ、犬の能力を高く評価しました。

現時点では犬の嗅覚が放火の証拠になるとは言えませんが、将来的にその可能性を大きくはらんだ研究結果であったことは明白です。

犬は現在も嗅覚を生かし、警察犬などとして私たち社会に貢献してくれていますが、今回の研究結果により、活躍の場がさらに広がるかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る