滋賀県動物保護管理センター │ ブッチ・ジャパン 支援活動報告書

支援活動報告書

ブッチ・ジャパンでは、無添加ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の寄付を
はじめとした支援活動を継続して行っています。
各体のみなさまへの応援の気持ちも込めて、支援内容をご紹介しています。

滋賀県動物保護管理センター

滋賀県動物保護管理センター Vol.1

飼育放棄された動物たちは心身ともに傷ついており、人間に心をひらいてくれない子たちもたくさんいます。

この滋賀県動物保護管理センターでは、「動物との暮らし三方よし」のスローガンのもと、保護された動物たちを辛抱強くケアし、新しい飼い主に譲渡する活動を積極的に行っています。

この度ご縁があって、ブッチ・ジャパン支援活動の一環として足を運ばせていただきました。

shiga16072001

徘徊中に保護された犬をケア中の保護管理センターのみなさん

 

さらに今回は職員のみなさんのご厚意もあり、実際にブッチ・スタッフがセンターまでお邪魔して、無添加ドッグフード・キャットフード『ブッチ』を直接お届けすることができました。

shiga16072002_02

 

到着後は早速、犬舎で待機する犬たちにブッチを試食して貰いました。

shiga16072003

「『ブッチ』は添加物も少ないし、この子たちの健康管理の心強い見方になってくれそうだね。それにこんなに美味しそうに食べてくれているしね」と話す職員の山崎さん。

飼育放棄によって栄養失調を経験した子も動物たちも多く、胃腸に負担をかけずに栄養をたっぷりとって貰うには、ブッチはぴったりのフードだったようです。

shiga16072004

犬舎に設置されたネームプレートには、各担当さんのコメントが記載されていました。

吠える理由がわかれば、新しい家族も彼らを理解しやすくなる素敵な工夫です。こうした小さな心遣いからも、動物たちに幸せな生活を送って欲しいという職員のみなさんの強い想いを感じることができました。

 

また、このセンターでは、基本的な飼育方法の講習会などの啓蒙活動を行っています。

小学校の校外学習受け入れなども積極的に実施しており、動物たちの基本を学ぶ「学習コーナー」なども設置されていました。

shiga16072005

さらに、学習コーナーと同じ空間には、新しい家族を待っている多くの猫たちも。

「校外学習のときには、この子たちも大活躍しているよ」とのことで、子どもたちに命の大切さを教える重要な役割を担っているそうです。

shiga16072006

日々の業務で忙しい中、ブッチ・ジャパンをあたたかく迎え入れてくれた滋賀県動物保護管理センターのみなさん、本当にありがとうございました。

些細な支援ではございますが、動物たちが新しい家族に会えるまでの準備に少しでもお役に立てていれば、嬉しい限りです。

滋賀県動物保護管理センター
動物保護管理センターは、「動物との暮らし三方よし」をスローガンに、人と動物とが共生する豊かな社会づくりを目指して動物の適正な飼養管理および動物愛護思想の普及啓発の事業を推進している県の行政機関です。

〒520-3252 滋賀県湖南市岩根136-98
TEL:0748-75-1911
FAX:0748-75-4450

ブッチ・ジャパンの支援活動報告ページです。無添加ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の寄付をはじめとした支援活動を継続して行っています。ブッチ・ジャパンは、動物たちの明るい未来を応援しています。

上へ戻る