日本レスキュー協会 Vol.3 │ ブッチ・ジャパン 支援活動報告書

支援活動報告書

ブッチ・ジャパンでは、無添加ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の寄付を
はじめとした支援活動を継続して行っています。
各体のみなさまへの応援の気持ちも込めて、支援内容をご紹介しています。

日本レスキュー協会 Vol.3

災害救助犬の育成・派遣を中心に、捨て犬・捨て猫の保護などの動物愛護活動を行っている認定NPO法人日本レスキュー協会様へ、再びお邪魔してきました。

rescue16112201

今回は、無添加ドッグフード『ブッチ』とともに、イベント(駒沢公園わんわんカーニバル)出店時に募った寄付金をブッチスタッフが直接お届けして参りました。

みなさまのご協力の甲斐あって、イベント売上の10%(合計【57,244円】)を日本レスキュー協会様にお渡しすることができました。

 

今回の訪問は少し遅い時間だったにも関わらず、ジャーマン・シェパードの秋桜くんがお出迎えしてくれました。

rescue16112202

到着後は早速、夕食代わりにブッチを食べて貰いました。

じつは秋桜くんは、ガンのため災害救助犬を引退していて、療養のために良質なタンパク質を多く摂る必要があります。

『ブッチ』のブラック・レーベルは肉の割合が76.5%の高タンパク仕様ということもあり、相変わらず気に入って貰えているようでした。

 

些細な支援ではございますが、災害現場の第一線で活躍する災害救助犬、そして日本レスキュー協会様を、ブッチ・ジャパンは引き続き応援させていただきます。

ブッチ・ジャパンの支援活動報告ページです。無添加ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の寄付をはじめとした支援活動を継続して行っています。ブッチ・ジャパンは、動物たちの明るい未来を応援しています。

上へ戻る