ミートフードの特長 | 無添加ドッグフード・キャットフード通販「ブッチ・ジャパン」

ブッチとは

大切な家族のために、
安心できるものを与えて欲しいから。
“無添加”ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の
こだわりや安全性についてご紹介します。

ミートフードの特長

豊富な水分含有量

ブッチが提供するミートフードの最大の特長は、肉食動物にとって理想的な水分含有量を実現している点です。
自然界の肉食動物たちは、生肉から水分をたっぷり摂ることで消化吸収を促し、健康を維持しています。スムーズな消化吸収のおかげで肉の栄養成分が体内に十分に吸収されるので、野生動物たちはほとんど肉のみの食生活でも動物本来のたくましさや美しさを発揮できるのです。

近年ではドライフードの普及により、ペットたちの多くが慢性的な水不足に悩まされています。ブッチはその点に注目し、すべてのフードを生肉と同じ水分含有度である70%に調整しました。
毎日の食事でしっかりと水分を摂取することで、消化吸収による体力や内臓の消耗を防ぎ、愛犬・愛猫を健康的な代謝サイクルへと導きます。

自然の栄養成分を活かす独自の加熱処理

多くのドライフードは200℃前後の高温で加熱処理しているので、素材本来の栄養や風味が失われてしまいます。そのため、加工後に精製した栄養成分や香料の添加を行うものが多い現状です。
対してブッチは、100℃未満の低温で15分以内に全体を加熱後、すぐにパッケージ包装することで、素材の持つ自然な栄養価ができる限り損なわれないよう心がけました。栄養と一緒に風味や匂いもそのまま残るので、嗅覚の鋭い犬・猫だからこそ食いつきの良さに大きな違いがでます。

また、調理から梱包までのすべての製造工程を、ニュージーランドの食品衛生関連省庁である第一次産業省(Ministry for Primary Industries : MPI)からライセンスを得た工場でのみ行っています。
低温調理と冷蔵保存によって管理・保存上の安全性も確保されているため、あらゆるライフステージの愛犬・愛猫にも安心して与えていただけます。

新鮮で安心安全なニュージーランド産ミート

食品輸出貿易は、ニュージーランド経済を支える重要な事業のひとつです。そのためニュージーランド内の食に対する意識は非常に高く、輸出される食肉は必ず第一次産業省の厳格な検査を受ける必要があります。これはドッグフード・キャットフードの原材料であっても変わりません。
ブッチのミートフードには、人間のための食肉と同様の検査に合格したヒューマングレードのビーフ・ラム・チキン・フィッシュ等の原材料のみを使用しています。

ペットの目線に立って考える「食」

消化吸収の負担による
犬猫の体調悪化の増大

ペットの食の内容を見直す
機運の高まり

安心安全な
原材料

自然な栄養価を
活かした
加工度
の低い調理

消化器系にかか

ストレスの少
ない
水分含有度

新鮮で風味豊かな

チルド・ミートフード

ペットの健康を支えるのは、毎日の食事と言っても過言ではありません。
ぜひ一度、愛犬・愛猫の食生活を彼らの目線で見直してみてください。

環境規制が世界一厳しいと言われるニュージーランドで徹底的に品質管理されている“無添加”ドッグフード・キャットフード『ブッチ』。その原材料や製造方法などへのこだわりについて詳しく解説しています。

上へ戻る