犬・猫のための健康ペットコラム │ ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

カテゴリ: 猫の健康

 

冬の寒さを侮るなかれ!【寒さ対策コラム】

スタッフの個人的な意見ですが……冬が季節の中で一番嫌いです。 その理由は何と言っても寒すぎるから! 11月にはコートがないと厳しい季節になり、次に軽装で出かけられるのは3月上旬。 そう思うと5か月近くもの間、寒~い毎日を過ごさなくてはいけません。 寒い季節、長すぎませんか?夏だって、大体7月~9月の3ヵ月なのに……(T_T)   そしてその寒さのピークが、まさに今の季節! あったかインナーに高級ダウン・ホッカイロなど、わたしたち人間は便利なグッズをすぐに手に入れることができますが、ワンちゃんはそうもいきません。 飼い主である私たちが、愛犬を寒さから守ってあげられる唯一の存在です。     「そんなこと言って、全身毛皮なのだからあったかいでしょ?大げさな!」と冬の寒さを侮るなかれ🤧 油断大敵!寒さに潜む危険性と対処法をご紹介します。   大前提!犬にとって最適な温度とは? 一般的に室内で飼育されている犬が快適に過ごせる気温は…… ・長毛の犬種・・・15℃〜20℃ ・短毛の犬種・・・20℃〜25℃ なので、どちらの犬種も20℃前後であれば快適に過ごすことができると言えます。 また、湿度も大きく関係しており、50%前後が最も適切と言われています。 湿度が低いと、肉球がひび割れたり、脱水症状を起こしてしまう危険も。逆に高すぎると、カビやウイルスの発生や熱中症の危険があります。   寒さにはどんな危険が潜んでいるの? 気温が低くなって空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜の働きが弱まり、細菌やウイルスへの抵抗力が低下してしまいます。 人間と一緒で風邪などを引きやすい状態になってしまうのです。愛犬にくしゃみや咳、鼻水等の症状が頻繁に見られたら要注意です。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第4回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 後編〜

年末年始の大掃除、全4回の大掃除コラムも今回がラスト! 家族みんなで気持ち良く新年を迎えるために……あともう少しだけ、頑張りましょう(^_^)/   お家のおそうじ編(第1回/第2回)・愛犬ボディケア前編(第3回)については、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~愛犬のボディケア対策 前編~   伸びすぎ注意!快適なお散歩にも重要な爪きり ココがポイント! 犬の爪には白い爪、茶色の爪、黒い爪があります。 毛色によって分かれることが多く、毛色が明るい犬は白く、毛色が濃い犬は黒い爪の場合が多いようです。 黒い爪の子だと、爪の中の血管が見えづらく出血させてしまうこともあるので、少しずつカットしていきましょう!   爪きりのタイミングを知る 犬の爪きりは、1ヵ月に1回程度でOK。 ただ、外に出てたくさん散歩する子と、室内飼いでほとんど外出しない子では、日常生活での爪のすり減り方も変わってきます。 地面やフローリングを歩くときに“カチャカチャ”と音が鳴るようなったら、カットするようにしましょう。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第3回 〜愛犬もキレイなカラダで一緒に年を越そう! 前編〜

年末の大敵といえば!大掃除……ですね。 テレビから掃除用洗剤のCM等が流れ始めると「あぁ~今年も来たか~・・」とドヨ~ンとしてしまう方も多いのではないでしょうか? ペットと住むお家には、毛やよだれの汚れなど、ペットのいないお宅とは違ったおそうじが必要な分、すこし厄介ですよね。 お家のおそうじについては、下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛対策編~ こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~ニオイ対策編~   そんな困難を乗り越え、大掃除をもう完了させた皆さま! 年末のお休みに入ってから一気に片づけようとしている皆さま!! トリミングやシャンプーなどの≪愛犬の大掃除≫は、どうされるご予定ですか?(T_T)? 親戚の集まりや、パーティーなど人が来ることが多い年始に合わせて、年末はトリミングサロンの予約が争奪戦になることがよくあります(・・;) いつものサロンは予約が取れなかった~ 年末もバタバタしていて、サロンに連れて行く暇がない! 年末の費用がかさんで、サロンなんて…… などなど、お困りではありませんか?   そこで今回は、お家がまるでトリミングサロン!? 愛犬もキレイなカラダで年を越すために!お家でできるサロン級のお手入れ方法をご紹介いたします♪   まずは「シャンプー」で汚れた体をスッキリ! ココがポイント!…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第2回 〜ニオイ対策編〜

ご好評いただいた「冬の大掃除 ~抜け毛編~」コラムに引き続き、冬の大掃除シリーズ第2弾!今回は「ニオイ対策編」のお掃除術をご紹介します。 年始のご挨拶で「臭いかも……」とお客様に思われないように、気になるワンちゃん・ネコちゃんのニオイともサヨナラしちゃいましょう!   ニオイ対策のお掃除は、抜け毛対策以上にしっかりとお家の汚れを落とす必要があります。 そのため、人間の不快感を取り除くだけなく、愛犬・愛猫の健康を守ることにもつながるのです。   家族みんなで、気持ちよく新年を迎えられるようにあともうちょっとだけ頑張りましょう!   ニオイの主な原因は床にあり!? ワンちゃんやネコちゃんのニオイの元は、皮脂や排泄物。 皮脂なんて床につくの?と思われる方も多いかもしれませんが、体は毛で覆われていても、古くなった皮ふがフケとして剥がれ落ちてしまいます。 さらに、肉球は人間と同様に皮脂と汗が混じった脂肪膜で覆われているので、床やカーペットにこびりつき、独特のニオイの原因に……。 前回の記事でご紹介したお掃除が終わったら、床まわりもしっかり攻略していきましょう! こちらもチェック!📝 【お掃除コラム】冬の大掃除 ~抜け毛編~   フローリングの場合 かたく絞った雑巾でしっかり水拭きしましょう。 とくに汚れやニオイが気になる箇所は、重曹を溶かした水を雑巾に含ませてから、念入りに拭き掃除を。 ◎水250mlに対して重曹小さじ1杯目安 重曹を使って拭いた箇所が白浮きして気になるときは、クエン酸を溶かした水を雑巾に含ませてから軽く拭くとピカピカになりますよ! ◎水200mlに対してクエン酸小さじ1杯目安 同じ要領で拭き掃除するだけで、ペット用トイレやケージも徹底してキレイにしちゃいましょう。…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

冬の大掃除 第1回 〜抜け毛対策編〜

12月も半ばに差しかかり、そろそろ2018年も終わりに近づいてきましたね! 去年の今頃も大掃除していたのかと思うと、時の流れが早く感じられます……。   ところで、換毛期にたっぷり抜け落ちた愛犬や愛猫の抜け毛、みなさんはスッキリお掃除できていますか? サッシの溝や、滑り止め用マットに絡まった抜け毛……毎日のお掃除では、なかなか対処しきれないですよね。   そこで今回は、1年分の溜まった汚れを今年のうちにキレイするためのお掃除術をご紹介♪ 愛犬・愛猫と一緒に、気持ちよく新年を迎えましょう! 抜け毛とサヨナラ!オススメのお掃除方法 年末の大掃除といっても、特別な道具を用意する必要はありません。 どのご家庭にもあるいつものグッズと、ちょっとした工夫でOK!   マスクで健康を守る まずは人間の準備から。マスクを装着して、ホコリを吸い込まないようにしましょう。   いつも掃除しない箇所には、愛犬の皮膚のカケラや細かい毛など、様々な汚れが隠れています。 ホコリと一緒に吸い込んでしまうと鼻水やくしゃみにとどまらず、体調を崩したり、動物アレルギーになってしまうことも! 愛犬・愛猫と楽しく過ごすために、しっかり準備を整えましょう。   ブラッシングで愛犬・愛猫もお掃除の準備を お掃除の前に、まずは愛犬・愛猫のブラッシングから行います。 ダブルコートの被毛の子は、ブラッシングのたびにあたり一面、毛だらけになってしまいます。 お掃除前にブラッシングして、できるだけ抜け毛を減らしておきましょう。   もし掃除を開始してしまっていたら、ベランダでのブラッシングがオススメです。抜け毛の後始末がサッと終わりますよ!…

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

いざという時に!愛犬・猫のための災害時の備え【日本レスキュー協会様監修】

定期的に支援をさせていただいている日本レスキュー協会様より「ぜひ、ペットの防災についての知識を広めてほしい」というお言葉をいただきました。   恥ずかしながら、災害時の備えについてなんとなく聞いたことはあったけれど、実際に準備まではできていなかったスタッフ。 いざという時に役立つ防災知識をご共有いただき、とても勉強になりました。   大切なわんちゃん・猫ちゃんと一緒に災害をのりこえる中で、皆さまの困りごとを少しでも減らせるよう、ご共有いただいた情報をまとめました!   少し長いコラムになってしまいましたが、日本で暮らす以上、人だけでなく動物たちにとっても災害は身近なこと。 ぜひ、最後までお読みいただけると嬉しいです。   また、災害などのトラブルでわんちゃん・猫ちゃんが行方不明になってしまった時のため『わんにゃん捜索ポスター』をご用意しました。 ダウンロードして自由にお使いいただけるようにしていますので、ぜひこちらもご活用ください! ◆『わんにゃん捜索ポスター』 ダウンロードはこちらから↓↓ ブッチオリジナル『わんにゃん捜索ポスター』(PDF)ダウンロード   災害発生!ペットはどうなる? 「同行避難」という言葉を耳にしたことはありますか? 災害が起きた際、ペットと一緒に避難所に避難することを指していて、環境省では、災害時の同行避難を推奨しています。   とはいえ、混乱する実際の災害現場では、どれほどの方が同行避難を出来ているのでしょうか。   日本レスキュー協会様では、平成29年7月5日から6日にかけて発生した九州北部豪雨災害において、各避難所の避難状況を以下のように調査しています。 土砂災害のため、川沿いの家が局所的な被害にあったことも要因のひとつではありますが、災害発生から3~4日経過していても、同行避難できているペットの数はこんなにも少ないのです。  …

  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

【スタッフコラム】寒い日でも美味しく!HOTブッチで冬を乗り切る

11月20日 火曜日 天気 みなさん、愛犬愛猫との「ブッチライフ」満喫していますか? 最近、食欲のないあの子にも、ブッチを食べて幸せな気持ちになってほしい。 じゃあ、どうしたら食べっぷりがイマイチなあの子に、しっかり食べてもらえるかな? そんなお悩みを抱いているそこのみなさま! ペット栄養管理士のブッチスタッフ窪田(くぼた)が疑問にお答えします!   冬のブッチは『冷ややっこ』? 昨年の冬は、関東や北陸での記録的な大雪に加え、日本に限らず世界的にも猛烈な寒波が大きな話題となり、とにかく〝寒い冬!〟でしたね。 今年は暖冬と言われていますが、着実に「朝のひんやり感」が辛くなってきている気がします……。 そうなると、やっぱりスープやお鍋・グツグツのグラタン等、とにかく温か~いものが食べたくなりますよね。   ▲ペットにもオススメのかぼちゃはビタミンAがたっぷりで、ビタミンの吸収を高める脂質の入ったお肉との相性も◎(種は除いてくださいね!)   ですがそこで、ふと気が付いてしまったのです・・・。 私たちが扱っているブッチは冷蔵庫で保存するごはんなので、人間に例えたら、真冬に冷製スープや冷ややっこを食べている。   ▲冬の豆腐は温かい湯豆腐なんかがいいですよね、犬も猫も気持ちは同じです。   犬や猫たちにとっても、そんな感覚になっていないか・・・?と。   食べ物を温める大切さ もしそうだとしたら、せっかくのブッチのおいしさも半減! いや半減以上に「こんなに冷たいもの、食べたくないな・・・」なんて犬猫たちは思っているのではないかと! そこでいても立ってもいられず、犬や猫が好む食べ物の温度を調べてみました。…

  • スタッフコラム - 担当:窪田
  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の健康
  • 猫の健康
 

猫の口臭の原因って?対策と予防はどうする?

最近なんだか飼い猫の口臭がキツい……と思ったことはありませんか? 動物だから……と見逃しがちですが、急に口臭が変わった場合は体調不良のサインである可能性も。大切な家族の一員として長生きしてもらうためにも、猫の口臭の原因とその対策についてしっかり把握しておきましょう。   猫の口臭、その原因って? 猫の口臭の原因は、主に下記の3つの可能性が高いです。 毎日の食事 口内環境の悪化 内臓の病気 その中でも「食事」と「口内環境の悪化」が口臭の原因の8割を占めています。 口内で臭いが発生するメカニズムは、基本的には動物も人間も変わりません。人間でも朝起きたときや緊張したときなどに口臭がキツくなることがありますが、これは唾液の分泌量が少なくなっていることが原因です。 唾液は口の中を潤すだけではなく、食べカスなどのゴミや雑菌を洗い流すという重要な役割を担っています。 唾液が減って食べカスなどが口内に残ってしまうと、口の中の細菌がそれらを分解してしまい、口臭の原因となるガスが発生してしまうのです。 さらに注意したいのが、唾液(よだれ)の量です。 猫のよだれ増加は口内環境悪化のサインとも言われており、よだれの量が極端に多くなった場合は歯周病などの口腔内の病気である可能性があります。   猫の食事、原材料にも気をつかおう! 猫の食事といえばキャットフードですが、その種類は実に様々です。 よくウェットフードはドライフードに比べて口臭の原因になりやすいといわれますが、実はそうとも言い切れません。 保存・管理がしやすいドライフードは多くの方が利用していますが、水分量が少ないわりに油分が多いので、唾液で食べカスを流しきれずに口臭の原因になってしまいます。 さらに油分は口内の酸化を促してしまうので、口臭が気になる場合はなるべく避けるようにしてみましょう。 また、キャットフードにどのような成分が含まれているかにも注意が必要です。 最近は人間が保存しやすいからという理由で、保存料や人工調味料・香料などの添加物が含まれたキャットフードが多く流通しています。 人工添加物は口内環境の悪化を招く以外にも、猫の健康に様々な悪影響を与えるので、できる限り避けるようにしましょう。   猫の歯石に要注意!…

  • キャットフード
  • ペット
  • 猫の健康

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る