犬・猫のための健康ペットコラム │ ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

カテゴリ: ドッグフード

 

愛犬の口臭が気になる!原因と対策は?

最近、顔を舐めてくる愛犬の口が臭いかも!?なんて思ったことはありませんか?人間と同じように、口臭は体調不良のサインである可能性も。 動物だから……と見逃しがちな犬の口臭の原因とその対策について、改めて考えてみましょう。   犬の口臭、その原因って? 犬の口臭の原因は、主に下記の3つの可能性が高いです。 食事 歯などの口内環境の悪化 内臓の病気 とくに「食事」と「口内環境の悪化」が原因の口臭は、臭いが発生するまでの仕組みが非常に似ています。 口臭はその名の通り、口の中に原因がある場合がほとんどです。人間でも朝起きたときや緊張したときなどに口臭がキツくなることがありますが、これは口内の唾液分泌量が少なくなってしまっているからです。 唾液は口の中を潤すだけではなく、食べカスなどのゴミや雑菌を洗い流してくれる役割を担っています。 唾液が減って食べカスなどが口内にとどまってしまうと、口の中の細菌がそれらを分解することで口臭の原因となるガスが発生してしまうのです。   犬の食事、原材料にも気をつかおう! 犬の食事になんといっても欠かせないのが、ドッグフードです。すべて同じように見えるドッグフードですが、その原材料や形状は実に様々です。 保存・管理がしやすいドライフードは多くの愛犬家が使用していますが、水分量が少ないわりに油分が多いので、口臭の原因になる可能性が非常に高いです。 油分が多い食事は口内の酸化を促してしまうので、口臭が気になる場合はなるべく避けるようにしてみましょう。 また犬は、腸などの内臓が肉食動物に非常に近い構造になっていて、野菜や穀類などを消化・吸収するのが苦手です。 野菜や穀類の含有量が多いドッグフードを与えている場合は、消化不良を起こしている可能性も考えられます。 消化不良は腸内環境の悪化を引き起こし、口臭や排泄物の悪臭の原因になります。 気になる場合は、肉などの動物性タンパク質が多く含まれているドッグフードに切り替えてみましょう。原材料一覧や成分表のひとつ目の項目は主原料を示しているので、ここに肉類が記載されているものを選ぶようにすると安心です。   犬の歯石に要注意! 与えている「食事」がとくに問題がなさそうな場合は、歯などの「口内環境」に注意を向けてみましょう。 犬も人間同様、歯の隙間に詰まった食べカスなどを放っておくと、歯石ができてしまいます。…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の健康
 

犬って肉食?それとも雑食?

犬は、人間とともに生活を送りはじめた最も古い動物とも言われ、現在でも家族の一員として、または仕事仲間として、人間にとってかけがえのない存在となっています。 そんな犬の祖先といわれるオオカミは、狩りをして獲物を捕らえる肉食獣。そのため、「犬は肉食である」という話を耳にすることも多いですよね。 ですが現在の犬の主食といえば、小麦や穀類が混ざった「ドッグフード」。はたして犬は肉食か雑食、どちらなのでしょうか?   犬の「歯」はどんな形? 犬の歯の特徴といえば、肉を切り裂くための特殊な構造をしている巨大な奥歯「裂肉歯(れつにくし)」です。 犬の祖先といわれるオオカミをはじめとした肉食動物にも同じものがあり、この歯がなくなると野生の肉食動物たちは生きていくことができません。 オオカミの頭蓋骨。基本的な構造は犬とさほど変わらない。 犬種によって多少の差があるものの、基本的に犬は、切歯・犬歯・臼歯すべてあわせて42本の歯を持っています。どの歯も尖った構造で、肉を裂くことは得意でも、穀類や植物をすり潰すのは苦手です。 ドッグフードが主食である現代の犬の歯も、肉食のための特徴を色濃く残しているのです。   犬の腸は長い?短い? さて、歯の次は犬の消化器官について考えてみましょう。 草食と肉食、さらには雑食の動物たちの消化器官を比較してみると、「腸の長さ」に大きな違いがあるのはご存知でしょうか? 腸は、口や胃で分解した栄養を消化・吸収するため器官です。 植物を消化吸収するのには、時間がかかるため、腸の長さは草食・雑食動物のほうが肉食の動物より長くなっています。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 犬もほかの肉食動物と同様に、草食動物と比べると腸は短いですが、オオカミの腸が体長の約4倍であるのに対し、犬は5~7倍と少し長い傾向にあります。 犬と人間の共生は2万年の歴史があるともいわれており、人間から与えられた穀物などを食べる機会も多かったので、現代の犬の腸はオオカミより少し長くなっているのです。 食生活の変化があったとはいえ、人間の腸の長さは体長※の12倍! オオカミに比べて雑食性の特徴はみられるものの、人間と同じレベルの雑食性を有するまでには至っていません。 ※ほかの動物と同様に、四つん這いになった姿勢の口から肛門までの長さをもとに試算。 消化器官についていえば、「雑食性のある肉食」という言い方が一番しっくりきますね。   犬の食事はどうするのがベスト?…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の雑学

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る