犬・猫のための健康ペットコラム │ ブッチ・ジャパン公式通販サイト

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

カテゴリ: 犬の雑学

 

災害救助犬ってどんなことをしているの? ~日本レスキュー協会さまの活動~

2018年7月、西日本を中心に広い範囲で発生した集中豪雨は、広島県・岡山県・愛媛県に特に甚大な被害をもたらしました。   河川の氾濫や土石流により、家屋の浸水や倒壊が発生。 一時は安否不明者数が80人近くにものぼり、大規模災害として皆さんの記憶にも新しいかと思います。   ブッチが継続的に支援をさせていただいている日本レスキュー協会さまからも災害救助犬2頭が出動し、他団体との合同チームで捜索にあたりました。 📝 ブッチが日本レスキューさまに行っている支援活動についてはこちら ブッチ・ジャパン支援活動報告書 日本レスキュー協会さま vol.4   現場は、土砂に埋まった車、ガラスや瓦礫、衣服や家具が散乱しており、行方不明者の捜索が非常に困難な状況。 そんな中、災害救助犬がかすかな匂いに反応を示した場所から、ご遺体が発見されました。   4日目!朝の捜索がおわり、他団体へ引き継ぎ、私達の捜索活動はここまでとなりました。 沢山の応援!コメント!いただきましてありがとうございます。 これからも一頭でも多く災害救助犬を育成し、派遣できますように頑張っていきます。 今後とも応援よろしくお願い致します。 #japanrescueassociation #日本レスキュー協会 #救犬ジャパン #金蔵 #RDTA #せんちゃん…

  • ペット
  • 犬の雑学
 

犬って肉食?それとも雑食?

犬は、人間とともに生活を送りはじめた最も古い動物とも言われ、現在でも家族の一員として、または仕事仲間として、人間にとってかけがえのない存在となっています。 そんな犬の祖先といわれるオオカミは、狩りをして獲物を捕らえる肉食獣。そのため、「犬は肉食である」という話を耳にすることも多いですよね。 ですが現在の犬の主食といえば、小麦や穀類が混ざった「ドッグフード」。はたして犬は肉食か雑食、どちらなのでしょうか?   犬の「歯」はどんな形? 犬の歯の特徴といえば、肉を切り裂くための特殊な構造をしている巨大な奥歯「裂肉歯(れつにくし)」です。 犬の祖先といわれるオオカミをはじめとした肉食動物にも同じものがあり、この歯がなくなると野生の肉食動物たちは生きていくことができません。 オオカミの頭蓋骨。基本的な構造は犬とさほど変わらない。 犬種によって多少の差があるものの、基本的に犬は、切歯・犬歯・臼歯すべてあわせて42本の歯を持っています。どの歯も尖った構造で、肉を裂くことは得意でも、穀類や植物をすり潰すのは苦手です。 ドッグフードが主食である現代の犬の歯も、肉食のための特徴を色濃く残しているのです。   犬の腸は長い?短い? さて、歯の次は犬の消化器官について考えてみましょう。 草食と肉食、さらには雑食の動物たちの消化器官を比較してみると、「腸の長さ」に大きな違いがあるのはご存知でしょうか? 腸は、口や胃で分解した栄養を消化・吸収するため器官です。 植物を消化吸収するのには、時間がかかるため、腸の長さは草食・雑食動物のほうが肉食の動物より長くなっています。 体長を基準に腸の長さを比較した表。犬の腸の長さは肉食動物に寄っている。 犬もほかの肉食動物と同様に、草食動物と比べると腸は短いですが、オオカミの腸が体長の約4倍であるのに対し、犬は5~7倍と少し長い傾向にあります。 犬と人間の共生は2万年の歴史があるともいわれており、人間から与えられた穀物などを食べる機会も多かったので、現代の犬の腸はオオカミより少し長くなっているのです。 食生活の変化があったとはいえ、人間の腸の長さは体長※の12倍! オオカミに比べて雑食性の特徴はみられるものの、人間と同じレベルの雑食性を有するまでには至っていません。 ※ほかの動物と同様に、四つん這いになった姿勢の口から肛門までの長さをもとに試算。 消化器官についていえば、「雑食性のある肉食」という言い方が一番しっくりきますね。   犬の食事はどうするのがベスト?…

  • ドッグフード
  • ペット
  • 犬の雑学

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る