猫の口臭の原因って?対策と予防はどうする? | 無添加ドッグフード・キャットフード通販「ブッチ・ジャパン」

ペットコラムPECOLA

愛犬・愛猫との毎日を応援するペットコラム『PECOLA』。
犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報を幅広くご紹介します。

猫の口臭の原因って?対策と予防はどうする?

最近なんだか飼い猫の口臭がキツい……と思ったことはありませんか?
動物だから……と見逃しがちですが、急に口臭が変わった場合は体調不良のサインである可能性も。大切な家族の一員として長生きしてもらうためにも、猫の口臭の原因とその対策についてしっかり把握しておきましょう。

161025pecola01

 

猫の口臭、その原因って?

猫の口臭の原因は、主に下記の3つの可能性が高いです。

  • 毎日の食事
  • 口内環境の悪化
  • 内臓の病気

その中でも「食事」と「口内環境の悪化」が口臭の原因の8割を占めています。

口内で臭いが発生するメカニズムは、基本的には動物も人間も変わりません。人間でも朝起きたときや緊張したときなどに口臭がキツくなることがありますが、これは唾液の分泌量が少なくなっていることが原因です。

唾液は口の中を潤すだけではなく、食べカスなどのゴミや雑菌を洗い流すという重要な役割を担っています。
唾液が減って食べカスなどが口内に残ってしまうと、口の中の細菌がそれらを分解してしまい、口臭の原因となるガスが発生してしまうのです。

さらに注意したいのが、唾液(よだれ)の量です。
猫のよだれ増加は口内環境悪化のサインとも言われており、よだれの量が極端に多くなった場合は歯周病などの口腔内の病気である可能性があります。

 

猫の食事、原材料にも気をつかおう!

161025pecola02

猫の食事といえばキャットフードですが、その種類は実に様々です。

よくウェットフードはドライフードに比べて口臭の原因になりやすいといわれますが、実はそうとも言い切れません。

保存・管理がしやすいドライフードは多くの方が利用していますが、水分量が少ないわりに油分が多いので、唾液で食べカスを流しきれずに口臭の原因になってしまいます。
さらに油分は口内の酸化を促してしまうので、口臭が気になる場合はなるべく避けるようにしてみましょう。

また、キャットフードにどのような成分が含まれているかにも注意が必要です。
最近は人間が保存しやすいからという理由で、保存料や人工調味料・香料などの添加物が含まれたキャットフードが多く流通しています。
人工添加物は口内環境の悪化を招く以外にも、猫の健康に様々な悪影響を与えるので、できる限り避けるようにしましょう。

 

猫の歯石に要注意!

161025pecola03

「食事」に問題がなさそうな場合は、歯などの「口内環境」に注意を向けてみましょう。

人間同様、猫も歯の隙間に詰まった食べカスなどを放っておくと、歯石ができてしまいます。
歯石は歯肉炎や歯周病を引き起こすことで、キツい口臭の原因になります。

さらに、歯肉炎や歯周病が進行すると、体内にまで雑菌が侵入して思わぬ病気を引き起こす可能性もあります。歯石になる前の早い段階で対策するようにしましょう。

毎日の習慣に歯ブラシを使って歯みがきをしてあげるのが一番効果的ですが、嫌がる猫ちゃんも多いと思います。
最近は、猫向けのデンタルウォッシュ等も発売されていますし、タオルなどを指に巻いて歯を拭って上げるだけでも効果的なので、定期的にケアしてあげるようにしましょう。

すでに歯石ができてしまっている場合は、歯肉炎や歯周病になってしまっている可能性が非常に高いです。
その際は、かかりつけの獣医さんに歯石除去等の治療をお願いすることをおすすめします。

なるべく歯石ができないように予防ケアを心がけるようにして、できてしまった場合は早めに動物のプロに相談するようにしましょう。

 

なかなかとれない口臭、内臓の病気かも。

161025pecola04

「食事」と「口内環境の悪化」のどちらにも当てはまらない場合は「内臓の病気」の疑いがあります。

消化・吸収で負担のかかりやすい胃や腸のほかに、腎臓や肝臓などの臓器に異常をきたしている場合もあります。
おしっこやウンチなどの排泄物に異常がないかも確認して、早めに獣医さんに診察してもらうようにしましょう。

猫は腸などの内臓の構造が肉食動物に非常に近いため、野菜や穀類などを消化・吸収するのが苦手です。
穀類等の含有量が多いキャットフードを与えている場合は、消化不良を起こしているかもしれません。

消化不良は腸内環境の悪化を引き起こし、口臭や排泄物の悪臭の原因になるので、肉などの動物性タンパク質が多く含まれているキャットフードに切り替えてみましょう。
原材料や成分表のひとつ目の項目は主原料を示しているので、ここに肉類が記載されているものを選ぶようにすると安心です。

口臭の原因はひとつとは限らないので、様々な視点から飼い猫の健康を観察するクセをつけることが重要です。
大切な家族のために、毎日のふれあいの中でこまめにケアしてあげましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね !しよう

Twitter で

この記事はいかがでしたか?みんなにシェアしていただけると嬉しいです♪

ブッチ・ジャパンによる愛犬・愛猫との毎日を応援するペットのためのコラムページ『PECOLA(ペコラ)』。犬・猫に関する豆知識や、ペットの健康・しつけなどのお悩みに関する情報をご紹介します。

上へ戻る